140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?まとめ31

シェアよろしくお願いします。

<< 前のクイズ! 次のクイズ! >> 目次

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

Twitterに投稿している
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】
のまとめ。

その31。

文学作品の印象的な部分をピックアップ。
これで元ネタがわかれば凄い、という趣。
Twitterで配信中。

回答は、
画像リンクをクリックすると、
元ネタの読書感想に飛びます!

 

601

お家に歸つてから君子さんはチユーリツプの球根を庭のゆすら梅のかげに埋めました。そして春になつて花が咲いたらノリ子さんにあげようときめました。ノリ子さんはご病氣が癒らないらしく、一週間たつても二週間たつても學校へ來ませんでした。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-601

 

602

ある晩、金貸しで欲深の六平じいさんが酔っ払って川岸を通ると、立派な侍に会った。「金を預かってほしい、千両箱が十箱ある、万一旅の途中で拙者が果てたら、それらはみなそちに遣わす」。六平じいさんは苦労して千両箱を家まで持って帰った。「あれ、父さん、そんな砂利しょってどうしたの?」

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-602

 

603

彼は昨日酒に酔い、電信柱を西洋婦人と間違えて、キスしようと熱烈に食いついてしまったらしい。歯が二本折れていた。その話を聞いて、著者は酒が一滴も飲めないにもかかわらず、酒が飲みたくなったという。いまだかつて電信柱に食いつきたくなるほど嬉しい目にはあったことがないから……。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-603

 

604

第三の王子は姫と結婚し、王位を継いだ。その後、彼はあの森でキツネと再会した。キツネは今一度「私の首をはねてください」と懇願した。彼はついにキツネの願いを聞き入れ、その首をはねた。するとキツネにかかっていた魔法が解けた。キツネは姫の兄だった。魔法で獣に変えられていたのだった。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-604

 

605

みんなで通りすがりの人の悪口を楽しんでいた。仲間のひとりが妙な恰好の男を見つけて能勢に聞いた。「おい、あいつはどうだい」。能勢は「あいつはロンドン乞食さ」と言った。みんなふきだした。私は能勢の顔を見られなかった。その妙な恰好の男が能勢の父親であることを、私だけは知っていたからだ。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-605

 

606

飲み屋のおかみが桜桃を出してくれる。子供たちにはぜいたくなものを食べさせない。だから桜桃など見たこともないかもしれない。子供より親が大事、と思いたい。子供よりも、その親のほうが弱いのだ。父は桜桃を極めてまずそうに食べて種を吐き、心の中で虚勢みたいに呟く。子供よりも親が大事。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-606

 

607

井戸に落ちた日本人少佐。それを助けた心優しき中国人少年。二人は束の間心通わせ、別れ、十年後再会する。が、二人が喜びを分かち合うことはなかった。二人の間には戦争と、それにより生じた民族差別、階級差別が厳然として存在していた。人と人とは手をとりあえるはずなのに。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-607

 

608

一度絶えた伝統工芸を復活させるのは大変だ。紫紺染を復活させたくともやり方がわかる職人さんがもはやいない。詳しく書かれた本もない。古い文献によれば山男がそれを知ってるらしい。じゃ、山男、召喚しよっか。……ああ、それね、たしか黒いしめった土を使うんだよ。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-608

 

609

別に変った生活もしませんが、私達は日の出前に起床し、日が暮れて床に就き、明るいうちはせっせと働いて日を送っています。又餓じい時はお腹を一パイにするだけ御飯を食べます。それでは私はここにおっても仕事がありません。そんな生活をする人達はいつも健全で医者の厄介になる事がありませんから。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-609

 

610

荷馬車は仲よしの犬をひきつぶしてしまった。雀は馬方に復讐した。荷台のワインの樽の栓をつついて抜いて全部こぼした。三頭の馬の目をくり抜いてやった。馬方は斧で雀を始末しようとして、自分の馬を打ってしまった。「ああ、なんて不幸だ」「まだだ。お前の家も不幸にしてやる!」雀の復讐はつづく……

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-610

611

僕は三人の夫と一人の妻を共有している。こないだ、妻が商人の手代と浮気をして、僕らは二人の鼻をそぎ落とすことにしたが、妻を憐れに思い、結局手代の鼻だけそぎ落した。妻はその後、貞淑に四人の夫を愛している。僕らはこれから、従兄妹同志結婚した不倫の男女の晒し者を見に出かけるところだ。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-611

 

612

朝めざめて、きょう一日を、充分に生きる事、それだけを私はこのごろ心掛けて居ります。私は、嘘を言わなくなりました。虚栄や打算で無い勉強が、少しずつ出来るようになりました。明日をたのんで、その場をごまかして置くような事も今は、なくなりました。一日一日だけが、とても大切になりました。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-612

 

613

「ぼくどこへいくんだかわからないから、蝶々さんもおかえりよ」
と風船玉は言いました。
「いいえわたしはついていきます」
と白い蝶々は言いました。

「ついてきちゃだめだ。ぼくはどこへいくのかわかんないよ」
と風船玉は言いました。
けれど、白い蝶々はついていきました。

元ネタのタイトルな~んだ?
回答は画像をクリック!140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?-イメージ-613

 

614

<< 前のクイズ! 次のクイズ! >> 目次

狐人小説
トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です