江戸川乱歩

江戸川乱歩

屋根裏の散歩者/江戸川乱歩=「絶対犯罪しない!」って断言できる?

『屋根裏の散歩者/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。三郎が屋根裏の散歩という異常な趣味を持ち、異常な完全犯罪を成し、小五郎にだまされちゃう話。その異常性は必ずしも理解できないものではなく、では誰もが異常犯罪者に…?
江戸川乱歩

疑惑/江戸川乱歩=タイトルの真意を読んでほしいミステリー。

『疑惑/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。傍若無人な父親の命が何者かに奪われる。疑惑の目が向けられたのは母親・兄・おれ・妹、すなわち家族だ。おれは兄、兄は母親、母親は妹、妹はおれを疑ってる?疑惑のタイトルの真意を読め!
江戸川乱歩

百面相役者/江戸川乱歩=盛れてる?詐欺ってる?SNOWで変装!

『百面相役者/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。百面相役者の変装は本物と全く見分けがつかない。それは彼が人肉の面を製造し、使っているからではないか…?整形手術・特殊メイク・CG・VFX・SNOW――現代の変装を連想!
江戸川乱歩

夢遊病者の死/江戸川乱歩=ヒキニートに読んでみてほしい小説。

『夢遊病者の死/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。肉親憎悪という言葉がある。ヒキニートという言葉がある。子供は心無い言葉で親を遠ざけ、親は子供を恐れて近づけない。どうしてこうなっちゃうのかな。ちゃんと話してほしいな。
江戸川乱歩

盗難/江戸川乱歩=宗教の内幕って、やっぱりこんな感じなんですかね?

『盗難/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。宗教にも商才が必要。意外と贅沢してる宗教家。泥棒からの犯行予告。盗難事件の真相は?教団X。1Q84。新興宗教団体を題材にした小説はおもしろい。創作における閉鎖社会の有用性。
江戸川乱歩

幽霊/江戸川乱歩=幽霊よりも生きている人間のほうが怖い。

『幽霊/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。実業家はある老人に恨みを買い、命を狙われていた。老人の訃報を聞いてホッと息を吐く実業家…だが。それから老人の幽霊に悩まされることに…。明智小五郎、幽霊の正体見たり!
江戸川乱歩

モノグラム/江戸川乱歩=ルイ・ヴィトン、デジャヴ、似た人が3人いる。

『モノグラム/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。主人公はある若者にデジャヴを感じる。若者の正体、モノグラムに秘められし青春。二重のびっくりと二重のがっかり。自分と同じ顔の人、科学的には存在するそうですが、会いたい?
江戸川乱歩

二癈人/江戸川乱歩=人を使わずに自分一人でやれ、風化する感情論。

『二癈人/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。井原は湯治場で知り合った斎藤に不思議な親しみを覚えて20年前の罪を告白する。が、告白を聞き終えた斎藤は驚愕の真相を明かす。真犯人は人間じゃない、だけどやっぱり人間です。
江戸川乱歩

黒手組/江戸川乱歩=面白い、暗号が難しい、消去法推理からのパンダ。

『黒手組/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。暗号文、消えた足跡。黒手組に誘拐された娘を取り戻せ!明智小五郎の活躍!月下氷人という語が美しく、消去法推理が興味深く、そこからなぜかパンダが笹を食べる理由をお話します。
江戸川乱歩

お勢登場/江戸川乱歩=誰もがお勢?欲望と保身と世間体のバランス。

『お勢登場/江戸川乱歩』の狐人的な【読書メモと感想】。欲望を満たしたい。保身をはかりたい。だけどいい人に思われないと世の中生きにくい。お勢はひどい悪女ですが、誰でもお勢になり得ると思うのは、ひねくれものの僕だけ?
タイトルとURLをコピーしました