寺田寅彦

寺田寅彦

小説読書感想『科学者とあたま 寺田寅彦』科学者とは頭のいい人?悪い人?

今回小説ではなく随筆読書感想。寺田寅彦さんの『科学者とあたま』。科学者は頭のいい人なのか頭の悪い人なのか?その答は寺田寅彦さんの『科学者とあたま』の中に!その論拠が「サヴァン」や『GTO』を彷彿させる、と思うのは僕だけ?
タイトルとURLをコピーしました