梶井基次郎

梶井基次郎

城のある町にて/梶井基次郎=TVで一般人がいじられるのが不愉快ってことある?

『城のある町にて/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。可愛がっていた幼い妹が亡くなり、傷心の主人公は姉の勧めで姉一家が住む城のある町(三重県松阪市)に滞在する。著者作品の中では珍しく、明るくのどかでどこかやさしい小説。
梶井基次郎

泥濘/梶井基次郎=書くのがうまくいかず、集中力がすぐ切れてぼんやり。

『泥濘/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。最近書いた小説が病的な失敗をして、それが日常生活にまで悪影響を及ぼす。不思議な共感力のある梶井日記。集中力がすぐ切れる僕が試して、効果のあった集中力アップ法をご紹介します。
梶井基次郎

路上/梶井基次郎=わかるような、わからないような。

『路上/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。近道を発見して嬉しい!転んだの見られたら恥ずかしい!スリルを求めてたまに危ないことしちゃう!梶井基次郎さんはたぶんそんなこと言ってるわけじゃないんでしょうが…
梶井基次郎

橡の花/梶井基次郎=ツイッターで病みツイしてる人は共感できるかも?

『橡の花/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。「私」が友人に書いた手紙。書簡体小説。誰かに見られている気がする、流行のファッションにイライラする、電車の音が音楽に聴こえる、共感できるアナタはひょっとして病んでいる?
梶井基次郎

冬の日/梶井基次郎=メンヘラ文学は一つの頂点?コロッサールな小説!

『冬の日/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。冬の日に見る生の絶望。梶井基次郎のメンヘラ文学。文学的一つの頂点をなす小説。金魚の仔のような痰。コロッサールな悲しみ。気遣いや親切は相手を傷つけ、気兼ねなく話せる友を思う。
梶井基次郎

筧の話/梶井基次郎=ヤバい小説!クリエイター必読!幻覚は才能である!

『筧の話/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。筧さんのお話ではありませんでした。山道の古びた筧から聴こえるせせらぎの音。その音が喚起する幻覚が優れた文学作品を生んだ。幻覚と才能の関係を考察。クリエイター必読。ヤバい小説!
梶井基次郎

冬の蠅/梶井基次郎=冬の蠅元気ない、梶井最高傑作、延命治療と副作用、励ますのは残酷?

『冬の蠅/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。梶井基次郎の最高傑作との呼び声高い。近代日本文学の名作。運命と才能の小説。重病人の気持ち。励ますのは残酷?延命治療と副作用。蜘蛛は小さな天女!冬の蠅は元気ない。みんなは元気?
梶井基次郎

のんきな患者/梶井基次郎=病気と前向きに生きる、心を鍛える読書しませんか?

『のんきな患者/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。のんきな患者は自分の病気に鈍感です。病気の不安と苦痛。もしも重病になったとき、周りのひとたちに感謝できますか?病気になっても前向きに生きる、心を鍛える読書しませんか?
梶井基次郎

愛撫/梶井基次郎=猫好きの感想を聞きたい、だけど猫好きにはおすすめしづらい。

『愛撫/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。猫を愛撫するお話です。しかし猫好きにはおすすめしづらい、だけど猫好きの感想を聞いてみたい、そんな短編小説でした。川端康成さん、小川洋子さん、村上春樹さんの作品を連想しました。
梶井基次郎

ある崖上の感情/梶井基次郎=思考がもつれてきたらもう寝るしかないよね。

『ある崖上の感情/梶井基次郎』の狐人的な【読書メモと感想】。生島と石田。あるカフェで二人の青年が話をしていた。生島はある興味を持って、崖上から一つの窓を見ているという。それはあまり人には言えない欲望であった。ドッペルゲンガー小説。
タイトルとURLをコピーしました