冬の日/梶井基次郎=メンヘラ文学は一つの頂点?コロッサールな小説!

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

冬の日-梶井基次郎-イメージ

今回は『冬の日/梶井基次郎』です。

文字数12000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約44分。

冬の日に見る生の絶望。梶井基次郎のメンヘラ文学。
文学的一つの頂点をなす小説。

金魚の仔のようなたん。コロッサールな悲しみ。

気遣いや親切は相手を傷つけ、気兼ねなく話せる友を思う。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 冬の日/梶井基次郎=メンヘラ文学は一つの頂点?コロッサールな小説!

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

筧の話/梶井基次郎=ヤバい小説!クリエイター必読!幻覚は才能である!

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

筧の話-梶井基次郎-イメージ

今回は『かけいの話/梶井基次郎』です。

文字数2000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約8分。

筧さんのお話ではありませんでした。

山道の古びた筧から聴こえるせせらぎの音。
その音が喚起する幻覚が優れた文学作品を生んだ。

幻覚と才能の関係を考察。
クリエイター必読。ヤバい小説!

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 筧の話/梶井基次郎=ヤバい小説!クリエイター必読!幻覚は才能である!

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

冬の蠅/梶井基次郎=冬の蠅元気ない、梶井最高傑作、延命治療と副作用、励ますのは残酷?

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

冬の蠅-梶井基次郎-イメージ

今回は『冬の蠅/梶井基次郎』です。

文字数11000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約53分。

梶井基次郎の最高傑作との呼び声高い。
近代日本文学の名作。運命と才能の小説。

重病人の気持ち。励ますのは残酷?
延命治療と副作用。

蜘蛛は小さな天女! 冬の蠅は元気ない。

みんなは元気?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 冬の蠅/梶井基次郎=冬の蠅元気ない、梶井最高傑作、延命治療と副作用、励ますのは残酷?

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

のんきな患者/梶井基次郎=病気と前向きに生きる、心を鍛える読書しませんか?

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

のんきな患者-梶井基次郎-イメージ

今回は『のんきな患者/梶井基次郎』です。

文字数18000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約54分。

のんきな患者は自分の病気に鈍感です。
病気の不安と苦痛。

もしも重病になったとき、周りのひとたちに感謝できますか?
病気になっても前向きに生きる、心を鍛える読書しませんか?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む のんきな患者/梶井基次郎=病気と前向きに生きる、心を鍛える読書しませんか?

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

愛撫/梶井基次郎=猫好きの感想を聞きたい、だけど猫好きにはおすすめしづらい。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

愛撫-梶井基次郎-イメージ

今回は『愛撫/梶井基次郎』です。

文字数3000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約10分。

猫を愛撫するお話です。

しかし猫好きにはおすすめしづらい、
だけど猫好きの感想を聞いてみたい、
そんな短編小説でした。

川端康成さん、小川洋子さん、村上春樹さんの
作品を連想しました。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 愛撫/梶井基次郎=猫好きの感想を聞きたい、だけど猫好きにはおすすめしづらい。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

ある崖上の感情/梶井基次郎=思考がもつれてきたらもう寝るしかないよね。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

ある崖上の感情-梶井基次郎-イメージ

今回は『ある崖上の感情/梶井基次郎』です。

文字数11000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約39分。

生島と石田。
あるカフェで二人の青年が話をしていた。
生島はある興味を持って、崖上から一つの窓を見ているという。
それはあまり人には言えない欲望であった。

ドッペルゲンガー小説。プロージット!(?)

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む ある崖上の感情/梶井基次郎=思考がもつれてきたらもう寝るしかないよね。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

過古/梶井基次郎=消してしまいたい過去、消えてしまいたい今の自分。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

過古-梶井基次郎-イメージ

今回は『過古/梶井基次郎』です。

文字数1600字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約4分。

ランプの灯が消えた家。
暗闇を背負って一家は寂しく歩き出す――。
13年後、過古は旅情となって青年を苛む。

「古過ぎる」ってなんか意味違いません?
ひょっとしてアナグラム?
そこには深い意味が?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 過古/梶井基次郎=消してしまいたい過去、消えてしまいたい今の自分。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

雪後/梶井基次郎=140字の「胸キュン小説」って、どうですかね?

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

雪後-梶井基次郎-イメージ

今回は『雪後/梶井基次郎』です。

梶井基次郎さんの『雪後』は文字数6000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約19分。

地味な研究生活。
東京郊外で送る田舎の新婚生活。

新生活スタートな時期におすすめ?

おひとりさまでも田舎暮らしのスローライフに憧れる?
そんなあなたに『地域おこし協力隊』あります。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 雪後/梶井基次郎=140字の「胸キュン小説」って、どうですかね?

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

ある心の風景/梶井基次郎=破天荒作家のある心の風景、健康と母に感謝!

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

ある心の風景-梶井基次郎-イメージ

今回は『ある心の風景/梶井基次郎』です。

梶井基次郎さんの『ある心の風景』は
文字数8000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約21分。

風光明媚な京都の町。
美しい観光地でも地元の人には日常の風景。
退廃的な生活を送り、
肺病に苦しんだ破天荒作家の目に映る心の風景とは?
狐人的読書感想は、健康と母に感謝!

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む ある心の風景/梶井基次郎=破天荒作家のある心の風景、健康と母に感謝!

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

Kの昇天/梶井基次郎=魂のミステリー、K君と私とあなたは同一人物だ。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

Kの昇天-梶井基次郎-イメージ

今回は『Kの昇天/梶井基次郎』です。

梶井基次郎 さんの『Kの昇天』は
文字数5800字ほどの短編小説。

「K君はとうとう月世界へ行った」
あなたからの手紙を受けて私は語る。
ドッペルゲンガーと二重人格。
この小説は魂のミステリー。
K君とは。私とは。あなたとは。
いったい何者なのか?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む Kの昇天/梶井基次郎=魂のミステリー、K君と私とあなたは同一人物だ。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。