中島敦

中島敦

李陵/中島敦=現実に生きた李陵、信念を貫く蘇武、史書に没頭するしかなかった司馬遷。

『李陵/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。母と妻と子を武帝に処刑された李陵の怒り。蘇武が貫く己の信念。史書に生きるしかなかった司馬遷の屈辱。誰に共感して読んだか、話したい。命を奪われるより酷いことがこの世にはある。
中島敦

かめれおん日記/中島敦=カメレオンが蒼白になるのはどんなとき?

『かめれおん日記/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。大学時代、長編小説に挫折。才能がないのか?生活のための仕事。教師時代、中島敦の感じていた閉塞感。水を求めてミイラ化した切ないカメレオン、蒼白になるのはどんなとき?
中島敦

弟子/中島敦=忘れたくない、弟子は師を、師は弟子を、尊敬すること。

『弟子/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。孔子と子路の師弟関係。弟子は師を、師は弟子を、尊敬していた。現在、生徒が先生に暴力を振るう事件がある。先生は職業?生徒はお客?どっちが偉いとかじゃない。お互いを尊重する気持ち。
中島敦

夾竹桃の家の女/中島敦=南国の妖艶な女の熱帯の魔術に打ち克て!

『夾竹桃の家の女/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。南国、風のない午後、暑い、ジャスミンの濃厚で強烈な香り、濃く、重く、ドロリと液体化した空気、上半身裸の美しい女、女の子座り、熱い視線の意味、熱帯の魔術にアナタは克てる?
中島敦

南島譚 -03 雞-/中島敦=他人を理解しようとしてもやっぱり理解できない。

『南島譚 -03 雞-/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。楽しく話していたのに急に黙り込んでしまう。何か怒らせること言った?悪いことばかりしてきたくせに善いことをしようとする。なんで?結局他人は理解できませんでした。
中島敦

南島譚 -02 夫婦-/中島敦=他人の夫婦関係に口出しすべきじゃないけれど、ついつい……。

『南島譚 -02 夫婦-/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。一人の男を巡り女同士が決闘をするヘルリスという風習がある。最恐無敗・浮気者の妻が夫の恋人・華麗な美女に挑む!その結末やいかに?ついつい口出ししたくなりますよね。
中島敦

南島譚 -01 幸福-/中島敦=あなたは幸福ですか?何が幸福か考えてみませんか?

『南島譚 -01 幸福-/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。幸福って何?哀れな男と富める長老。幸福なのはどっち?中島敦さんの描くパラオ。食物、生活、信仰。普段触れられない南島譚が珍しい。カタッツ?ドラゴンボール雑学、語っる。
中島敦

斗南先生/中島敦=斗南先生、最近見かけませんね。大人になる小説。

『斗南先生/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。三造青年は、斗南先生を少しも愛していないと思っていたのだけれど。大人になる小説。カミナリおやじや頑固爺、斗南先生のような人は最近見られなくなりました。近親憎悪と成長について。
中島敦

狼疾記/中島敦=哲学、将来への不安、宇宙に抱く不安、むっつりスケベ。

『狼疾記/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。運命や存在の不確かさ。それは自意識過剰な青年の不安である。哲学好き、あるいは自意識過剰なひとには文句なくおすすめ。哲学、将来への不安、宇宙に抱く漠然とした不安、むっつりスケベ。
中島敦

虎狩/中島敦=極虎狩り、創作、孤独、友達、強いとは、弱いとは、何か。

『虎狩/中島敦』の狐人的な【読書メモと感想】。転校ほどイヤな気持ちになることはない。植民地時代の朝鮮。私は趙と友達になる。中島敦の原点となる短編小説。極虎狩り、創作、孤独、友達、強いとは、弱いとは。いろいろなことを思います。
タイトルとURLをコピーしました