小説サイトでWeb小説を書こう!小説雑学⑥少量・高頻度更新

Pocket

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

ブログ小説を書きはじめてから、
思うことは多いのです。

たとえば、
小説投稿サイトにWeb小説を公開すれば、
誰かが読んでくれる可能性を、
期待してしまいます。

誰かが読んでくれるのであれば、
できるだけ完成した作品を、
公開したい。

そのため、
文字数は多くなり、
推敲と構成を繰り返して、
更新にはどうしても時間がかかってしまう。

今回は、
そんな小説仲間たちに、
読んでほしい内容なのです。

「読者は『少量・高頻度更新』を望んでいる」

きっと気がついている方のほうが、
多いとは思うのですが。

そんな方は、
あくまでも初心者が考えたこと、
ということで、
さらっと聞き流してくださると、
ありがたいのです。

では早速、
その理由を見ていきたいと思います。

そんなわけで、
まずは『少量』。

休憩時間、
通勤通学、
歩きながら、
人々が手にしているものといえば、

そうスマホなのです。

空き時間や暇つぶしに、
いまや人々はスマホをいじる。

そして、
そこに求められるものは、
数分で見られるコンテンツなのです。

つぎに『高頻度』。

『アルファポリス』、
『小説家になろう』、
『エブリスタ』、
『カクヨム』など、
ほとんどの小説投稿サイトでは、
ランキングシステムが導入されています。

投稿作品は、
日々のアクセス数に応じてランキングされる。

日々のアクセスを集めるには、
固定の読者を、
つまりリピーターを得なければなりません。

オンラインゲームなどのように、
それに触れることを、
習慣にしてもらわなければならないのです。

オンラインゲームの例でいえば、
ログインボーナスや新イベント、
といった感じでしょうか。

とはいえ、
Web小説で、
ログインボーナスや新イベントを、
行うのは難しいのです。

では出来ることといえば、
高頻度に、
定期的に、
Web小説を更新すること。

高頻度更新でリピーターを増やし、
小説投稿サイトのランキングにおいて、
上位を獲得できれば、
それが宣伝効果を生み、
新たな読者の獲得につながります。

では、
そのために求められる要素とは?

それは、
ひとびとに刺激を与え、
好奇心を呼び起こすこと。

Web小説でいえば、
刺激的な展開と続きが気になる引き、
といった感じなのです。

少量で、
高頻度に更新され、
刺激的な展開があり、
続きが気になる。

そう聞いて、
思い浮かべるのは、
週刊少年ジャンプ、
サンデー、
マガジン、
チャンピオン。

こういった漫画週刊誌を、
思い浮かべた方が多いのではないでしょうか。

漫画の提供スピードは速い。

しかし、
小説であれば、
これよりももっと速い提供が可能なのです。

なにせ絵を描く必要がない。

しかし、
小説誌でこれをとり入れ、
成功した例というものを僕は知りません。

おそらく、
コストと時間と労力の面から、
採算性が悪いからだと考えられます。

小説投稿サイトの利用は、
基本的には無料なのです。

とくにコスト面を気にせずにすむ、
Web小説ではこれが可能でしょう。

つまり、
週刊漫画のようなWeb小説が、
成功へのひとつの鍵になっている、
と考えられるのです。

いかがでしょうか。

「そんなん分かっとるわ!」

という方、
すみません。

まとめなのです。

・スマホファーストを意識した少量更新
・週刊漫画誌を超える高頻度・定期更新
・合わせて週刊漫画誌のようなWeb小説

とくにこれから小説投稿サイトで小説を書こうとしている方、
あるいはすでに小説投稿サイトに小説を公開している方々に、
ぜひ読んでほしいのです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です