小説サイトでWeb小説を書こう!小説雑学③ネット小説投稿サイト(1)

シェアよろしくお願いいたします!

気象庁によれば、
五日に梅雨入りしたそうですが、
今日はよく晴れているのです。

六月だけど五月晴れ、天晴れ!

といった感じでしょうか。
(皮肉が効きすぎていたら申し訳ないのです)

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

前回は
(⇒小説サイトでWeb小説を書こう!小説雑学②新人賞と小説サイト
これから小説家になろうとするなら、
ネット小説投稿サイトがいいのではなかろうか?

といったことを前提に、
出版社による小説新人賞が、
どのような現状にあるのかをお話ししました。

今回は、
ネット小説投稿サイトについて、
書き記しておこうと思うのです。

はじめに、
ネット小説投稿サイトとは、
いろいろな人がいろいろな小説を、
自由に公開できるウェブサイトなのです。

前々回の「ネット小説」のときに記しましたが、
『小説家になろう』や『エブリスタ』などが、
主なネット小説投稿サイトして挙げられます。

ここから投稿した作品が書籍化され、
小説家デビューを果たした作家さんが、
いまでは数多く存在するのです。

ネット小説投稿サイトには多くのメリットがあります。
いくつか取り上げてみたいと思うのです。

まずは、
長い長い小説でも大丈夫だということ。

出版社の小説新人賞では、
そのほとんどに枚数制限がありますが、
ネット小説投稿サイトにはそれがありません。

なのでたとえば、
普通は忌避されてしまうであろう、
ファンタジー小説やSF小説の設定を、
冒頭でずらずら書いてしまっても、
気にしなくてもよいのです。

かのJ・R・R・トールキンさんが、
『指輪物語』の序章にて、
ホビットについての解説を、
つらつらと書いているように。

ただしそれが読者となる人たちに、
受け入れられるかどうか、
という問題はありますが。

指輪物語の例の場合、
ホビットがとても魅力的に描かれているからこそ、
許されているわけなのですから。

つぎに、
ジャンルについて悩む必要がない点を挙げます。

出版社の小説新人賞では、
それぞれにそれぞれの特色があります。

たとえば、
ライトノベルの新人賞に純文学を送っても、
また反対に、
純文学の新人賞にライトノベルを送っても、
受賞するのは困難でしょう。

しかし、
ネット小説投稿サイトでは、
あらゆるジャンルの小説を、
求めるユーザーが存在します。

ユーザー同士が作品に「タグ」づけすることで、
その小説がどのような作品で、
誰に向けて書かれているのか、
わかりやすくなっているのです。

それに伴って、
既存の価値観では売れないと判断されるような作品でも、
意外な人気を獲得して、
書籍化につながるケースもあります。

長くなってきましたので、
つづきは次回にしたいと思うのです。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それでは今日はこのへんで。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

(つづく)

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です