狼と狐/グリム童話=食い意地を張らず、ひとをあごで使わず。

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

狼と狐-グリム童話-イメージ

今回は『狼と狐/グリム童話』です。

文字数1700字ほどのグリム童話。
狐人的読書時間は約4分。

食い意地の張った狼に、あごで使われていた狐は、ずる賢く復讐を果たす。狐が賢いイメージは世界共通という気がするけど、狼の善悪のイメージは日本と西欧で違う気がする。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

狐は狼の家来になっていたが、いつか逃げ出したいと思っていた。ある日、狼は「何か食べ物を持ってこい。じゃないとお前を食ってやる」と狐に命令した。狐は「近くの農家に二匹の子羊がいます。それを一匹いただきましょう」と言って、子羊を一匹盗み出し、狼に渡した。狼はその子羊を食べたが、一匹では満足できず、もう一匹の子羊も捕まえて食べてしまおうとした。しかし不器用な狼は失敗し農夫に殴られ帰ってきた。腹いせに文句を言う狼に対し、「どうしてあなたはそんなに食い意地が汚いのです」と狐は答えた。

つぎの日、狼はまた食べ物を持ってくるよう狐に命じた。狐は「農家のおかみさんが今晩パンケーキを焼くので、それをいただきましょう」と言って、家に忍び込み六枚のパンケーキを持ってきて狼に渡した。狼はそれだけでは満足できず、またしても単身農家に忍び込もうとして失敗し、棒でうちのめされて帰ってきた。腹いせに文句を言う狼に対し、「どうしてあなたはそんなに食い意地が汚いのです」と狐は答えた。

三日目も、狼は狐に何か食べ物を持ってくるように命令した。狐は「私の知っている男が塩漬け肉の樽を地下室においています」と言った。狼と狐は地下室に侵入して塩漬け肉を食べた。食べながらも狐はあたりを見渡していた。入ってきた穴が通れるかどうか、確認も怠らなかった。農夫に見つかり、狼と狐は逃げ出した。狐は穴を通って脱出に成功したが、狼は食べ過ぎで腹が膨らみ、穴をくぐり抜けることができなかった。狼は農夫に打ち殺された。

狐は食い意地の汚い古なじみと別れられたことを喜んだ。

狐人的読書感想

食い意地が汚いのはよくないことです、といった寓話なんですかね? たしかにみんなでシェアしている食べ物を、ひとりでドカ食いされてしまうと、なんだかな……って気になるかもしれませんね。

あとは、ひとをあごで使うのもよくないことです、といった感じでしょうか? なるべく自分のことは自分でやらなきゃなって思いますが、気がつけば親とか兄弟をあごで使ってたってこと、あるような気がします(気をつけよう)。

今回も狼は悪者として描かれています。これには、昔西洋で畜産が盛んだったころ、牛や豚といった家畜を襲う狼は悪者だった、という背景があります。逆に日本では農耕が盛んだったので、農作物を食い荒らす猪などの害獣を狼が退治してくれるので、ありがたがられていたそうです。狼(大神)なんて言われたりもしますよね。

狐は今回、ちょっとずる賢いイメージですね。狐が賢いイメージは世界中で共通のイメージだという気がします。

食い意地を張らず、ひとをあごで使わず、そして賢く生きたいと思った、今回の狐人的読書感想でした。

読書感想まとめ

食い意地を張らず、ひとをあごで使わず。

狐人的読書メモ

・『狼と狐/グリム童話』の概要

KHM73。原題:『Der Wolf und der Fuchs』。

以上、『狼と人間/グリム童話』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です