しょーとぼっくす【目次】

しょーとぼっくす

狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキのしょーとぼっくす。
10~15分ほどで読める短編小説。

読書時間:およそ10分。
あらすじ:――なんでもよほど古いことではある。少年と大王。激しい炎を背景に、二人のモノノフが相搏とうと、対峙していた。モノノフの子ならば必ずや父の仇を討たねばなりませぬ――二人の剣が交わるとき、少年は、母の教えの真意を知る。

読書時間:およそ15分。
あらすじ:僕は小説が好きだ。僕は小説が好きだ、という話だ。そして、いま夏目漱石の『夢十夜』を読んでいる、という話だ。待ち人とは、待っている人じゃなくて待っている相手のことだ。すなわち、『百分の待ち人』とは、僕のことであり僕の彼女のことだ。要するに、恋人を百分待たせてはいけない、という話だ。

読書時間:およそ5分。
あらすじ:江戸川乱歩の『指環』は、1925年『新青年』(大正14年7月号)にて、『白昼夢』とともに「小品二篇」というタイトルで一括発表されたが、『白昼夢』が好評だったのに対し、『指環』の評価は芳しくなかった。著者自身「愚作だった」と認めているけれど、僕は好きな小説なので、指環Re:ベンジ!

『十八歳の花嫁』を読む花嫁の、-イメージ読書時間:およそ5分。
あらすじ:海の見える駅のベンチに一組の男女が腰掛けている。「あなたと結婚できて本当に良かった」と老婦人が言う。「……すまない」と青年は謝る。――戦時、兵隊の士気を高めるために、『軍人援護の美談』というものがあった。そこにはわたしの大好きだった祖母のことが書かれていた。

狐人小説
トップページ