小説仲間におすすめ!『ダルタニャン物語』(三銃士)

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

『ダルタニャン物語』と聞いても、
それっていったい誰の物語?
という方は多いかもしれません。

あるいは、
その名前、
どこかで聞いたことがあるぞ、
といった方もいらっしゃるでしょうか。

ダルタニャンは『三銃士』の主人公なのです。

『三銃士』といえば、
日本でも有名でなじみのある物語でしょう。

じつは、
この『三銃士』は、
全3部作である『ダルタニャン物語』の、
第1部にあたる作品なのです。

『三銃士』といえば、
アトス、ポルトス、アラミスの三人を指しています。

あれ?
じゃあダルタニャンは?

『ダルタニャン物語』の第1部において、
ダルタニャンは立身出世を夢見る若者で、
ガスコーニュの片田舎からパリへと上り、
アトス、アラミス、ポルトスの『三銃士』たちと出会って、
はじめは諍いを起こし決闘の約束をしますが、
ひょんなことから意気投合し、
その後は終生の友として、
政治的陰謀に巻き込まれ、
大活躍するといったお話なのです。

つまり、
この第1部の時点においては、
ダルタニャンは銃士ではなく、
物語の主役として『三銃士』と出会う。

よって表題は『三銃士』となっています。

ちなみに、
第2部の表題は『二十年後』、
4人の仲間はフロンドの乱という内乱の渦中において、
敵味方に分かれて相争うことに。

第3部の表題は『ブラジュロンヌ子爵』、
第2部よりさらに10年後、
アトスの息子ブラジュロンヌ子爵ラウルの恋と、
壮年となったダルタニャンの元帥杖を求める野心、
4人の銃士たちそれぞれの行く末、
などが描かれています。

そして、
この『ダルタニャン物語』は、
前回の記事で
(⇒小説仲間におすすめ!モンテ・クリスト伯 1番好きな小説は?
紹介した僕の1番の小説、
『モンテ・クリスト伯』の著者である、
アレクサンドル・デュマ・ペールさんの作品なのです。

デュマさんは本当にすごいのです。

前回の記事でもいいましたが、
大昔にこれほどのエンターテインメントがあったのか、
という驚きを禁じ得ない物語。

最近では、
2011年に映画化されました。

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

監督は、
『バイオハザード』シリーズの、
ポール・W・S・アンダーソンさん。

敵役の謎の美女ミレディ役に、
ミラ・ジョヴォヴィッチさん。

だいたい人気が出れば、
続編の制作が決まって、
シリーズ化されるのがセオリーなのですが。

映画『三銃士』『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』の続編は、
いまだ公開されておらず、
ということは……。

いえ!

映画はともかく、
(失礼になっていたらすみません)
原作は間違いなく名作。

アルファポリス・小説家になろう・エブリスタ・カクヨムなど、
ネット小説投稿サイトで小説を書く、
あるいは小説投稿サイトで小説を読む方々にも、
『ダルタニャン物語』は、
ぜひぜひ!
おすすめしたい小説なのです。

以前の記事で
(⇒小説サイトでWeb小説を書こう!小説雑学⑧週刊漫画のようなWeb小説
週刊漫画のようなWeb小説、
を書くことについてとり上げましたが、
週刊漫画に欠かせないテーマといえば、
勝利・友情・努力、
というのはいまや有名な話なのです。

『ダルタニャン物語』には、
このすべてが詰まっています。

Web小説・ネット小説・ライトノベル、
などを書く場合においても、
とても勉強になる作品なのです。

とくにおすすめは、
復刊ドットコムより刊行されている、
鈴木力衛さん訳『ダルタニャン物語』

ただし、
これをすべて読破しようとすれば、
全11巻を読まなければならず、
真に長い話好きや読書好きでなければ、
なかなか難しいかもしれません。

有名な第1部『三銃士』は2巻構成なので、
まずはこの2冊を読んでいただけたら、
幸いなのです。

よろしければ、
感想など聞かせていただけると、
とてもとても嬉しいのです。

当ブログへのコメント、
ツイッターのリプライ、
お待ちしているのです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です