小説読書感想『桐島、部活やめるってよ』現役中高生必読の書!

Pocket

桐島、部活やめるってよ

なんだか意味深な感じがして、
まずはこのタイトルに惹かれてしまうのは、
僕だけなのでしょうか?

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回の小説読書感想は、
朝井リョウさんの
『桐島、部活やめるってよ』
について書いてみたいと思うのです。

『桐島、部活やめるってよ』は、
朝井リョウさんのデビュー作。

第22回小説すばる新人賞を受賞!

2012年映画化!

朝井リョウさんは、
デビュー当時19歳の大学生。

17歳の高校生である登場人物たちと、
近い年齢であったことが影響しているに違いない、
と思わされる瑞々しく確かな共感力をもった小説!

とくに現役の中学生・高校生には間違いなくおすすめ!

それではまず簡単なあらすじを。

この小説は青春群像劇。

男子バレーボール部のキャプテン、
タイトルにも名前のある桐島が部活をやめる。

そのことをきっかけに、
5人の同級生たちの心情に小さな変化が訪れる。

小泉風助は、
桐島と同じバレーボール部員、
同じリベロのポジションで、
桐島が部活をやめたことにより、
試合のレギュラーを獲得するも、
それを喜ぶ自分に嫌悪感を抱き、
葛藤する。

沢島亜矢は、
ブラスバンド部の部長、
部活の練習中に音楽室の窓から見える、
グラウンドにあるぼろぼろのバスケットゴールで、
いつもバスケをしていた同級生に片想いしている。

前田涼也は、
映画部に所属、
部活で制作した映画が、
高校生映画コンクールで特別賞を受賞、
目立たず地味で映画好き、
中学生のころに仲が良く、
いまは疎遠となっている同級生に、
淡い想いを寄せている。

宮部実果は、
ソフトボール部、
実の父と義姉を交通事故で亡くし、
実果を亡くなった実娘と思い込む、
精神を病んでしまった義母と暮らす。

菊池宏樹は、
勉強もスポーツもそつなくこなす、
クラスカーストでは上に位置する男子生徒、
野球部のユーレイ部員、
将来や友人や彼女、
そして何よりも、
いまの自分のありかたに、
苛立ちや不安を覚えている。

思春期も終わりにさしかかった、
高校生である彼らの心理変化(=成長、と狐人的には捉える)が、
5編のオムニバス形式によって描かれている作品。

これらどの登場人物にも、
共感できる部分があるかとは思いますが、
自分自身がどのような学校生活を送っているか、
あるいは送ってきたかによって、
もっとも感情移入できる主人公が、
変わってくるかと思います。

たとえば、
部活動を一生懸命がんばっている方でしたら、
小泉風助の物語に、
絶賛片想い中(?)の女子であれば、
沢島亜矢の物語に、
映画はもちろんゲームや漫画や小説など、
大好きなものに打ち込んでいる方には、
前田涼也の物語が、
学校生活や現在の自分に、
漠然とした苛立ちや不安を感じている方は、
菊池宏樹の物語に、
それぞれ共感できるのではないでしょうか。

かくいう僕は、
宮部実果の物語が、
一番心に響いたのです。

彼女の立たされている境遇は、
普通とはいいがたいものです。

しかし、
彼女自身はとても普通の女子高生で、
もっと大人な自分でありたいと願うも、
なかなか大人にはなりきれません。

自分の存在意義を見失いつつも、
精神を病んだ義母のために、
必死で亡くなった義母の実の娘、
義姉のカオリであろうとします。

ラストはとても感動的で、
涙なしには読めません。

ほかには、
心理描写がすばらしいと感じられる部分が多いのも、
この作品の特徴のひとつだと思います。

たとえば、
小泉風助の章では、
血管や心臓をうまく用いて、
彼の心情がとても伝わりやすく表現されています。

沢島亜矢の章では、
ブラスバンド部の部長らしく、
音楽や音部記号を用いて、
物語が抒情的に描かれています。

学生時代に抱える、
不安や悩みや苛立ちというのは、
なかなかうまく言葉にすることができず、
友達同士でも話をすることは少ないのではないでしょうか。

もしもこうしたことを話せる友達がいたら、
それは本当にすばらしいことだと思うのです。

いろいろ思って、
人は成長する。

この小説を読んで、
友達同士でこの小説について語り合い、
親友と呼び合えるような関係を築き合える、
そんなきっかけにもなるような、
あるいは現状抱える問題に、
前向きに向き合っていこうと思えるような、
読者の成長を促す、
いろいろな可能性を秘めた小説だと感じました。

なつやすみ。

読みやすい! 文庫本256ページ!

読書感想文の宿題に頭を抱えている、
学校生活に悩んでいる、
学生のみなさん。

この一冊、
いかがでしょうか?

ぜひご一読ください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です