フォスフォレッスセンス/太宰治=戦後太宰の最高傑作、との感想もある。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

フォスフォレッスセンス-太宰治-イメージ

今回は『フォスフォレッスセンス/太宰治』です。

太宰治 さんの『フォスフォレッスセンス』は文字数4500字ほど。
狐人的読書時間は約11分。

戦後太宰の最高傑作、との感想もある短編小説。

涙と鳥とフォスフォレッスセンスの意味。

胡蝶の夢、俺の嫁、ソードアート・オンライン。

噛みまみたのは僕だけ?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

夢の中の妻と逢瀬を楽しむ「私」。

夢の中で流す涙は、現実の涙よりも現実らしい。

すると一羽の鳥が舞ってきて言う。

「私」は夢と現実、二つの世界に生きると知る。

夢の中の妻と現実のあのひと。

太宰治の語る夢と現実。

狐人的読書感想

さて、いかがでしたでしょうか。
狐人的にはまずタイトルからして興味を惹かれてしまいましたが。

「フォスフォレッスセンス」、……ってどこ?

フォスフォレッスセンス-太宰治-狐人的読書感想-イメージ

「フォスフォレッスセンス」

……って何?
といった感じですが、どうでしょう?

作中では、綺麗な花を見た編集者に、「なんて花でしょう?」と尋ねられた「私」が、「Phosphorescence」と答えているので、花の名前だったのかあ、と納得したのですが、実際に調べてみると、そのような名前の花は実在していないようです。

太宰治 さんの夢想の中にだけ存在する花だったのかもしれません。

しかしながら、「Phosphorescence」という英単語はたしかに存在していて、これは「燐光」を表す言葉です。燐光は、物質が発する光、あるいはその現象のことを指していて、製造業技術用語では「蓄光」とも訳されます。

僕の身近な物だと、部屋の電気を消すと、そのリモコンの「常夜灯ボタン」が、淡くグリーンに光るのですが、そんな感じで、夜光塗料の光などが「Phosphorescence」であるといえそうです。

そんなわけで、僕の夢想する「フォスフォレッスセンス」としては、「暗闇の中で発光する鈴蘭」を思い浮かべてみたのですが、いかがでしょうか(雪ミク2015のイメージ? ……光ってたっけ? ちなみに鈴蘭には「谷間の姫百合」という別名があります。「私」が「百合でしょう」と訊いているところとも通じる? ――といったこじつけ)。

読んだ人がそれぞれの「フォスフォレッスセンス」を夢想する楽しさのある小説だと思いました(これが言いたいがためだけに長々語ってしまいましたが)。

ちなみに、この「フォスフォレッスセンス」ですが、東京都三鷹市に同名のブックカフェがあります。三鷹市は、太宰治 さんが暮らしていた、太宰治ゆかりの地です。

ブックカフェ「Phosphorescence」は、太宰治 さん好きの女性店主の方が経営されている、太宰治カフェといった趣の、こじんまりとした喫茶店、といった感じ。

先年『火花』で芥川賞を受賞され話題となり、先日新作『劇場』を発表されてやはり話題となっている又吉直樹 さんも訪れたことがあるらしく、そのサインも飾られています。

(又吉直樹 さんの『火花』の読書感想はこちら)

――とか、あたかも行って見てきたがごとく書いていますが、もちろんひきこもりがちの僕が行っているわけもなく、全部インターネット情報によるものなのですが、今度機会があればぜひ……(行ってみてください、という人任せ)。

「噛みまみた」してしまいそうなタイトルです

傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

さて、この『フォスフォレッスセンス』(ところで、書いているだけだと気付きにくいですが、ちょっと「噛みまみた」してしまいそうな言葉ですよねえ)という作品ですが、知名度のほうはどうなのでしょう?

(他の「噛みまみた」してしまいそうなタイトルはこちら)

当然ながら、最近になって文豪作品を読み漁り出した僕としては、聞いたこともなかったのですが、調べてみると、「戦後太宰の最高傑作」という感想もあるみたいなので、ひょっとしたら既読の方も、結構多いのかもしれません。

「戦後太宰の最高傑作」なのか否か、については、いずれ太宰治 さん作品をすべて読破してから判断したいと、できないかもしれないことを、それらしく理由にして、先送りにしてみるわけなのですが(自分で言っていて「豊洲市場移転判断の先送り」を彷彿とさせる言になってしまったわけなのですが)。

狐人的には、まず導入部分は『胡蝶の夢』を彷彿とさせるなあ、と思いました(もしかすると、これは読んだ方の大部分が感じる感想かもしれません)。

『胡蝶の夢』は、道教の始祖の一人として有名な荘子 さんの説話で、簡単にいうと、「ひらひら飛んでいた蝶々が、ハッと目を覚ますと人間で、だけど自分は、蝶々の夢を見ていた人間なのか、あるいは人間の夢を見ている蝶々なのか、わからなくなってきた……」といったお話です。

「まあ、綺麗きれい。お前、そのまま王子様のところへでもお嫁に行けるよ。」

「あら、お母さん、それは夢よ。」

この二人の会話に於いて、一体どちらが夢想家で、どちらが現実家なのであろうか。

上に引用した冒頭部分――この小説は、母娘の他愛のない会話から始まっています。

「王子様と結婚」発言をしちゃう夢見がちの少女みたいな母親は、じつはそんなことまったくありえないと思っているからこそ、簡単にそれを言えちゃうわけで、案外あっさり否定している娘のほうが、「ちょっとは期待しちゃってんじゃないの?」とか。

物語の主人公である「私」は、この会話を考えたとき、現実家と夢想家の区別がわからなくなってきていて、ひねくれてるなあ、とか思いつつも、ひねくれものの僕としては、共感できるところでもあって、とてもおもしろかったです。

胡蝶の夢、俺の嫁、ソードアート・オンライン

[まとめ買い] ソードアート・オンライン(電撃文庫)

この導入ののち「私」は夢と現実について語り始めます。ここからは『胡蝶の夢』的な色は幾分薄れていくように感じました。

私は、一日八時間ずつ眠って夢の中で成長し、老いて来たのだ。つまり私は、所謂いわゆるこの世の現実で無い、別の世界の現実の中でも育って来た男なのである。

……ちょっと説明が難しいのですが、夢は夢の世界として、現実の世界とは別に確固として存在し、もちろん現実は現実の世界として、厳然として存在している。「人間は二つの世界に生きているんだ!」みたいな。一種の現実逃避みたいな。

……う~ん、うまく言えている自信がないのですが。ネトゲをする知人が「私のリアルはそっちじゃない」みたいなことを言っていたのを思い出した、みたいな。

私にはこの世の中の、どこにもいない親友がいる。しかもその親友は生きている。また私には、この世のどこにもいない妻がいる。しかもその妻は、言葉も肉体も持って、生きている。

「私」の見る夢というのは「夢の中の妻との逢瀬」というものなのですが、これもどこか「お気に入りの二次元キャラ」に使われる『俺の嫁』を思わされるお話です。

ネトゲ、二次元依存、……そういう意味では、夢の世界の現実化、というのは現代的な話のような気がしてきます。さらに、VR(バーチャルリアリティ)技術が発展すれば、現実の肉体はVR装置をつけたまま眠っていて、思いのままに生きられる夢の世界が現実となる……、『マトリックス』とか『ソードアート・オンライン』とか、SFちっくな未来を想像させられます。

殻社会、…それは夢に現実逃避する人類の未来

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

結局のところ、「私」には現実では結ばれない相手(おそらく愛人)がいて、その人が夢の中の妻なわけなのですが、うまくいかない現実を否定するところから、「私」は夢の世界を肯定するようになったのだと分析できます。

フロイト さんの説(夢は現実の投影であり、現実は夢の投影である)を批判し、夢と現実には連続性があるとしながらも、その本質は別のものだ、とする「私」の主張は、僕にはちょっと理解しにくく、混乱しました。たぶんいまもまったく理解できていないように思います。

夢の国で流した涙がこの現実につながり、やはり私は口惜くやしくて泣いているが、しかし、考えてみると、あの国で流した涙のほうが、私にはずっと本当の涙のような気がするのである。

ただその根拠として、夢の中で流した涙のほうが、現実の涙よりもずっと本当の涙のような気がする、というのは、理屈ではない説得力があって、秀逸な描写だと感じました。まさにこの涙によって、現実よりも夢を重視しているような、「私」の現実逃避っぷりも際立って映ります。

「涙」同様、もう一つ重要なガジェットとして、夢の中に一羽の鳥が登場します。蝙蝠に似て、片方の翼が3メートルあり、カラスの鳴くような声で話すのですが、

「ここでは泣いてもよろしいが、あの世界では、そんなことで泣くなよ。」

と、この鳥が言うのです。

これをきっかけに、夢の世界の人生に重きを置いていた「私」は、現実の世界と夢の世界、二つの世界に生きることを受け入れるようになるのですが、これは前向きな姿勢というよりも、ある種の諦観であるように僕は感じました。

その後の「私」と夢の中の妻との会話に、

「どんな言葉がいいのかしら。お好きな言葉をなんでも言ってあげるよ。」

「別れる、と言って。」

「別れて、また逢うの?」

「あの世で。」

というやりとりがあるのですが、太宰治 さんのその後を思うと、とても前向きには捉えられず、どうしても意味深に受け取ってしまいます(これは文学史的知識からくる先入観によるものかもしれませんが……、ぜひ誰かと意見を交わしてみたいところです)。

そんなわけで『フォスフォレッスセンス』は「夢に現実逃避する人間の現実」が描かれた作品だと思いました。

「夢の中に生きる」という考え方は、現実的生産性がないところから、どこか否定されがちに思えるのですが、狐人的には殻社会(狐人的造語)の到来を予感しています。

VR装置(殻)の中で眠りながら、夢の中だけで生涯を終える世界が、訪れないとは言い切れないのは、はたして僕だけ?

(夢の話―?―の読書感想)

(ちなみに夢野話の読書感想は「カテゴリー:夢野久作」からどうぞ)

読書感想まとめ

フォスフォレッスセンス-太宰治-読書感想まとめ-イメージ夢に現実逃避する人間の現実。

狐人的読書メモ

……「戦後太宰の最高傑作」かどうかは、いまの僕には判断できませんが、この作品が口述筆記で書かれた事実には驚かされてしまいます。

「太宰治 さんは天才と断ずるに些かの躊躇も持たぬ!」

・『フォスフォレッスセンス/太宰治』の概要

1947年(昭和22年)7月『日本小説』にて初出。作中のラスト、「私」が(おそらく愛人の)「あのひと」のお宅を訪れるシーンがあるが、「あのひと」のモデルはやはり実際の太宰治 さんの愛人だった山崎富栄 さんと考えらえる。その根拠として、その家の女中の話として、「主人が南方で消息不明となり帰らない」という描写があるが、山崎富栄 さんのご主人もマニラで行方不明となっている。さらにこの作品は口述筆記で書かれた小説である。太宰治 さんの天才性……。

(他、太宰治 さんの口述筆記された小説)

・殻社会

狐人的造語。テンニース さんの「ゲマインシャフト→ゲゼルシャフト」の移行から、その先、すなわちアインザームシャフトあるいはムッシェルシャフトとも。VR、AI、ロボット、先進技術のさらなる発展により、社会参加せずとも、人は殻の中で生きていけるようになるのではないか? いまだ明確に定義できておらず……。

以上、『フォスフォレッスセンス/太宰治』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

「これ、誰かと話せそう」と思ったら、シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です