天のからさお/グリム童話=証拠が大事、たぶん。

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

天のからさお-グリム童話-イメージ

今回は『天のからさお/グリム童話』です。

文字数800字ほどのグリム童話。
狐人的読書時間は約3分。

農夫が落とした一粒の菜種が、天まで届く木に成長。農夫は天使の様子を見にいくことに。天では天使たちがからさおを使っていて……からさおって何? からさおがあれば誰も疑わない。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

昔、ある農夫は、雄牛が大きくなったので、肉屋に売ることにした。そのとき、一緒に菜種も取引した。家へ帰った農夫は、約束の菜種を背負って肉屋に向かったが、途中で一粒落としてしまった。

肉屋で取引を終えた農夫は帰り道、落とした菜種が木に育ち、天まで届いているのを見て、天使の様子を見にいくことにした。農夫が木を登っていくと、天使たちはからさおでからす麦を打っていた。

それを農夫が見物していると、下の方で誰かが木を切り倒した。農夫はからす麦で縄を作り、からさおを掴んで地上におりた。おりたところはほら穴だった。農夫はからさおを使って上にあがった。

農夫は天使のからさおを見せたので、誰もこの話を疑うことはできなかった。

狐人的読書感想

「からさおって何?」ってなりましたね。脱穀に使う農具のひとつで、長い竹棹の先端に、回転するよう短い棒を取りつけ、むしろの上に広げた穀物を短い棒でたたき、脱穀するのだそうです。

このからさおを発展させて、打撃武器のフレイルが作られたのだとか。あと沖縄のヌンチャクの元もからさおなのだとか。ひとつ、ものを知ることができました。

お話の意味は、正直よくわかりませんでしたね。信じてもらうためには証拠が大事だということなのでしょうか? きっと天のからさおが大事なんだと無理矢理納得した、今回の狐人的読書感想でした。

読書感想まとめ

証拠が大事、たぶん。

狐人的読書メモ

・『天のからさお/グリム童話』の概要

KHM112。原題:『Der Dreschflegel vom Himmel』。

以上、『天のからさお/グリム童話』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です