月蝕/夢野久作=月のイメージって女性ですか?男性ですか?

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

月蝕-夢野久作-イメージ

今回は『月蝕/夢野久作』です。

文字数1300字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約3分。

月を女性に擬人化し、月蝕という現象をグロテスク、グラン・ギニョールに描いた小説。オチでホッとできて、月に親しみを覚えます。ところで、月のイメージって女性ですか?男性ですか?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

(今回は全文です)

『月蝕/夢野久作』

   ★

はがねのように澄みわたる大空のまん中で
月がすすり泣いている。
………けがらわしい地球の陰影かげ
自分の顔にうつるとて…………
それを大勢の人間から見られるとて…………
…………身ぶるいして嫌がっている。

   ★

………しかし………
逃れられぬ暗い運命は…………
刻々に彼女に迫って来る。
大空のただ中に…………

   ★

……はじまった……
月蝕が…………

   ★

彼女はいつとなく死相をあらわして来た。
水々しい生白い頬…………
……目に見えぬ髪毛を、長々と地平線まで引きはえた………
それが冷たく……美しく……透きとおる……
コメカミのあたりから水気すいきが…………ヒッソリとしたたる。

   ★

彼女はもう…………
仕方がないとあきらめて
暗い…………醜い運命の手に…………
自分の美をまかせてしまうつもりらしい。

   ★

あごのあたりが
すこしばかり切り欠かれる。
…………黒い血がムルムルと湧く。
…………暗いなまぐさいにおいが大空に流れ出す。
…………それが一面に地平線まで拡がってゆく。
彼女を取巻く星の光がギラギラと冴えかえった。

   ★

彼女のまぶたが一しきりふるえて
やがて力なくくろずんで来る。
鼻の横に黒い血のかたまりが盛り上る。
…………深く斬込まれたやいばの蔭に
赤茶気た肉がヒクメク。

   ★

世界は暗くなった。
すべての生物は鉛のように重たく
針のように痛々しい心を
ジッと抱いて動かなくなった。

   ★

けれども暗い……鋼鉄よりもよく切れる円形のやいば
彼女の青ざめた横頬を
なおもズンズンと斬り込んでゆく。
そこから溢れ出る暗い…………腥いにおいにすべては溺れ込んでゆく。
…………山も…………海も…………森も…………家も…………道路も…………
…………そこいらから見上げている人間たちも…………

   ★

その中にただ一つ残る白い光…………
彼女の額と鼻すじが
もうすこしで…………
黒いやいばの蔭に蔽われそうになった。

   ★

空一面のおびただしい星が
小さな声でささやき合って
又ヒッソリと静まった。

   ★

陰惨な最後の時…………
顔を蔽いつくす血の下に
観念して閉じていた白い瞼を
パッチリと彼女は見開いた。

   ★

案外に平気な顔で
下界の人々を流し眼に見まわした
ニッコリと笑った。

   ★

…………ホホホホホホホ……
これはお芝居なのよ。
……大空の影と光りの……。
だからわたしは痛くも苦しくも………
……何ともないのよ…………
そうしてもうじきおしまいになるのよ。

   ★

…………でも皆さんホントになすったでしょう。
……あたし名優でしょう……
オホホホホホ……………

   ★

ではサヨウナラ…………
みなさんおやすみなさい。
……ホホホホホ……………………
ホホホホホ……………………………

狐人的読書感想

なんでもかんでも(萌え)擬人化されてしまう現代、月を擬人化した作品ってけっこうあるような気がして、僕は西尾維新さんの『悲衛伝』を思い浮かべたのですが、それ意外はなかなかパッと出てきません。

みなさんは、どうでしょうね?

とはいえ、月や太陽といえば、多くの神話で神格化されており、その場合には男神も女神もいるわけで、僕の中ではギリシア神話のアルテミスの印象が強く、やっぱり月といえば女性のイメージです。

しかしながら日本神話では、月神といえば男神のツクヨミ(※記紀に性別の記述はない)、太陽神といえば女神のアマテラスオオミカミなので、月神は女神といったイメージは、あるいは多数派ではないかもしれません。

どうでしょうね?

……なんだかいきなり問いかけが多くなってしまいましたが、本作も月を女性に擬人化した作品で、そのキャラクターが独特で斬新だという気がしました。

月蝕という現象をグロテスクに、どこか病的な感じに描写しているのも印象に残ります。

オチもちゃんとついていて、とてもおもしろいですね。

月を擬人化すると、僕の中では玲瓏というか、怜悧というか――とにかくなんだか冷たいイメージがあって、前半部分はそのイメージに、ある意味当てはまっているように感じるのですが、オチですべて覆されてしまいます。

(ほんのり輝く月に、あるいは温かなイメージを持っている人も、中には多いかもしれませんね)

彼女がニッコリと笑ってタネ明かしをした瞬間、なんだかホッとしたような、ちょっと親しみを覚えてしまうような気になるんですよね。

とてもいいキャラクターだと思い、創作のいい参考になりそうだなあ、なんて、勝手に思っているところです。

見た目のイメージや雰囲気と、実際の人物が違う、というのはよくあることで、怖い顔の人がじつはやさしくて(強面の俳優さんのイメージ?)、いいひとそうな人がじつはそうでもなかったりしますよね(政治家さんのイメージ?)。

やっぱ人は(月は?)見た目では判断できないんだよなあ、とか思った、今回の読書感想でした。

読書感想まとめ

月のイメージって女性ですか?男性ですか?

狐人的読書メモ

・月蝕(月食)とは、地球が太陽と月の間に入ることで地球の影がかかり、月が欠けて見える現象。思えば月蝕には不気味で怖い印象があるかもしれない。

・グラン・ギニョール(フランス語、「荒唐無稽な」「血なまぐさい」あるいは「こけおどしめいた」芝居のこと)という言葉を思い浮かべた。

・『月蝕/夢野久作』の概要

初出不明。月を女性に擬人化し、月食という現象をグロテスクに描いている。オチでホッとできて、月に親しみを覚えるような小説。短いこともあっておすすめしやすい。

以上、『月蝕/夢野久作』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です