疲労/国木田独歩=読書でリラックス、疲労回復に『疲労』はいかが?

シェアよろしくお願いいたします!

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

疲労-国木田独歩-イメージ

今回は『疲労/国木田独歩』です。

国木田独歩 さんの『疲労』は文字数3000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約7分。

国木田独歩さんの疲労。

最近お疲れではありませんか?

疲労回復にはリラックス。
読書でリラックスできるのは僕だけ?

疲労しているときに『疲労』
いかがですか?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

疲労-国木田独歩-狐人的あらすじ-イメージ

京橋区三十間堀さんじっけんぼりにある大来館たいらいかん。そこはまず上等な宿屋で、年中客足が絶えない。主人の大森亀之助かめのすけは、来客対応、所用の外出など、威勢よく働いていた。しかし外出から帰ってきて、自室で一人になると、その顔には疲労の色が見える。

狐人的読書感想

疲労-国木田独歩-狐人的読書感想-イメージ

……う~ん、疲れてたのかなあ、国木田独歩 さん。

狐人的には『忘れえぬ人々』を筆頭に、これまですごくいいと思える小説ばかりだったのですが、この『疲労』という作品は、それらとはちょっと趣を異にしていると感じました。

(とくに『忘れえぬ人々』は凄い小説です)

『疲労』には、浪漫的といった傾向はほとんどないように思いました。であれば、これは自然主義文学? どこまでも現実的(写実主義的?)な描写がなされています。

どうやらこの時機の国木田独歩 さんの作品には、いくつかこのような作品があるみたいですね。また読んでみたいと思います。

『疲労』が発表されたのは1907年(明治40年)のことですが、独歩社が破産したのも、国木田独歩 さんが肺結核になったのも、この年です。

それ以前までは、とくに雑誌編集長として、政治経済の実際問題にも飛び込み、相当な激務が続いていたそうで、やはり心身ともに疲労していたと見るべきなのでしょう。そうして見ると、大来館の主人、大森亀之助の姿は、国木田独歩 さん自身の姿と重ねて見て、間違いないようにも思えてきます。

そんなわけで、狐人的読書感想は、
「疲れてたんだなあ、国木田独歩 さん」
それ以上でも以下でもありません。
(いいのか、それで?)

とはいえ、それだけでは寂しいので、『疲労』だけに、ちょっと「疲労」について調べてみました。

あえていうまでもないことかもしれませんが、疲労には大きく分けて二つのものがあります。

「肉体的疲労」と「精神的疲労」

それぞれに適した疲労回復方法というものがあるようなのですが、肉体と精神はつながっているというか、結局のところ、肉体的疲労の回復が精神的疲労の回復にもなり、精神的疲労の回復が肉体的疲労の回復にもなる、という向きがありそうです。

疲労回復の三原則は「睡眠・食事・運動」ということになりそうですが、僕は運動が苦手なので(ひきこもりがちな狐人的事情)、とりあえず今回は睡眠と食事について取り上げてみます。

まず睡眠ですが。

ちょっと驚いたのは、「睡眠のゴールデンタイム」についてなのですが。夜10時~深夜2時の間に寝るのがいい、みたいな話を聞いたことはないでしょうか?

これ、正しくない知識のようです。

成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯、ということで、良いとされていた情報らしいのですが、成長ホルモンは眠りについてから3時間の間に多く分泌される、というのが正解らしく、その間の眠りが一番深くなること、に起因するものなのだとか。

なので睡眠に重要なのは、時間ではなくて深さ、ということになります。

最近有力な最適睡眠時間は7時間といわれていますが、じつは深く眠れれば5時間でもいいそうです。睡眠時間にこだわりすぎると、それが逆にストレスになって良くないのだとか。

で、深く眠るためには、就寝前のコーヒー、スマホ・パソコンは控えるとか、ストレッチをするとか、食事を何時間前には済ませるだとか、……結構めんどくさそうなんですよねえ。

安眠グッズといえばアイマスク。
光を遮ることで眠りを誘うメラトニンの分泌を促します。

そこから『ホットアイマスク』を見つけました。
結構前に『人志松本の◯◯な話』でケンコバ さんが紹介して大ヒットした商品だと聞いて、ちょっと使ってみたいような気もしましたが、どうなんでしょうねえ……(さすがに10秒もたへん、ってなことはなさそうですが)。

つぎに食事です。

興味深いと思ったのは、肉体的疲労の多くが錯覚によるものなのだということ。実際に筋肉が疲弊していて疲れている、といったことはあまりないのだとか。まあ、たしかに、筋肉が疲れていたら筋肉痛として表れますもんね。

多くの場合、これは自律神経の疲弊からくる疲労なのだそうで、では自律神経の回復にどんな食べ物がいいのかといえば、「鶏のムネ肉」だといいます。

でも食事作るのって……(いわずもがな)。

で、ビタミン剤やサプリメント(またグッズに頼る)。

とくにビタミンBは糖質(炭水化物)や脂質をエネルギーに変えるので、ダイエットにも効果があるそう。30歳を超えると、ビタミン剤やサプリメント、栄養ドリンクがあると全然違う、という話はひとから聞いたことありますが……。

……結局安眠グッズやサプリに走ってしまうところが、ダメな気がしてきました。疲労回復のためにはやはり、運動してぐっすり眠り栄養バランスの良い食事をとる、というのが一番なのでしょうねえ(それができないから……、とかいってまた調べてみても、同じところを堂々巡り)。

読書感想まとめ

疲労-国木田独歩-読書感想まとめ-イメージ

「疲れてたんだなあ、国木田独歩 さん」

『ホットアイマスク』と『サプリメント』を試してみたい、と思ってしまうところが狐人のダメなところ?

狐人的読書メモ

疲労-国木田独歩-狐人的読書メモ-イメージ

著作者: Pink Moustache

(そもそもひきこもりがちなのだからそんなに疲労感じないという……)

ダイエットといえば最近また糖質制限ダイエットブームの訪れが感じられます。ロカボ(Low Carbohydrate)という「ゆるい糖質制限」の話題をよく目にするのです。最新商品はすき屋の「ロカボ牛麺」。

・『疲労/国木田独歩』の概要

1907年(明治40年)『趣味』にて初出。自然主義文学(写実主義?)。

以上、『疲労/国木田独歩』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です