水の精/グリム童話=水の精にブラック労働させられる話?

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

水の精-グリム童話-イメージ

今回は『水の精/グリム童話』です。

文字数700字ほどのグリム童話。
狐人的読書時間は約1分。

お前たちは私のために働くのだ。泉に落ちてしまった兄と妹は、水の精のブラック労働に我慢できず、逃げ出した。仕事を辞めたとき、逃げたのか進んだのか、考えることある?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

兄と妹が遊んでいて泉に落ちてしまった。泉の下には水の精が住んでいた。

「お前たちは私のために働くのだ」

水の精は女の子には紡ぐための粗末な亜麻を渡し、男の子には木を切り倒すための刃の悪い斧を渡した。二人は一生懸命働いたが、石のように固い団子しか食べるものを与えられなかった。

子供たちは我慢できなくなって逃げ出した。日曜日の礼拝から帰ってきた水の精はすぐに追いかけた。子供たちは遠くに水の精の姿を見た。

女の子はブラシを後ろに投げた。ブラシは何千何万もの棘のある大きな山になった。水の精は苦労してその山を這い登った。

男の子は櫛を後ろに投げた。櫛は千の千倍も歯のある大きな山をつくった。しかし水の精はこの山をも登って追いかけてきた。

女の子は鏡を後ろに投げた。鏡の山ができ、とてもつるつるしていたので、ついに水の精はこの山を越えることができなかった。

水の精は「家に帰って、斧を取ってきて鏡の山を割ってしまおう」と考えたが、鏡を割る前に子供たちは遥か遠くに逃げてしまった。

水の精は再び自分の泉にとぼとぼと戻るしかなかった。

狐人的読書感想

兄と妹が水の精にブラック労働させられる話? 粗末な亜麻だったり切れ味の悪い斧だったり、悪い道具で仕事をさせられ、石のように固いパンしかもらえなかったら、たしかに逃げ出したくもなるだろうな、って気がします。

アニメ業界とか、安い給料や悪い労働環境でも好きな仕事なら続けられるはずだ、とはいえ、やっぱり限度はあるんだろうなあ……、みたいな。

しかし、どんな仕事だってやりがいは見つけられるはず、ともいいますし。

仕事を辞めるのを、逃げたと言うのか、それともつぎの挑戦のために進んだとするのか、とはいえ、逃げるのは悪いことなのか、先に進んだつもりでまったく進めていなかっただとか、なかなか考えさせられるところなんですよね。

いずれにせよ、自分を納得させることが大切なのでしょうが、それがなかなか難しく感じてしまい、……っていうか、自分で書いておきながら、そんな話ではない気がした、今回の狐人的読書感想でした。

読書感想まとめ

水の精にブラック労働させられる話?

狐人的読書メモ

・『水の精/グリム童話』の概要

KHM79。原題:『Die Wassernixe』。

以上、『水の精/グリム童話』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です