千匹皮/グリム童話=ある意味グリム童話的なグリム童話です。

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

千匹皮-グリム童話-イメージ

今回は『千匹皮/グリム童話』です。

文字数5000字ほどのグリム童話。
狐人的読書時間は約11分。

グリム童話的なグリム童話と言えばわかってもらえますかね? つまりまあそんなお話です。こういう話って回避本能とか現実の妹と妹ものの妹は違うとか、けっこう興味深いんですよね。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。

狐人的あらすじ

「もしも再婚するなら、私と同じくらい美しく、私と同じ金髪を持つ女性でなければいやです」と言って王妃は病で亡くなった。そのような娘は見つからなかった。ある日王は王妃にそっくりな自分の娘を見て「私は娘と結婚する」と言い出した。

姫は「太陽のドレス、月のドレス、星のドレス、千種の動物の毛皮のマントをくれたら結婚します」と父王に言った。これだけの無理難題を言えば父も諦めるだろうと思ったのだが、王はそれらをあっさりと作らせてしまった。

しかなたく姫は王の贈り物と金の指輪と紡ぎ車と糸巻きを持って森へ逃げた。他国の森の中で千匹の毛皮のマントを着ていた姫は狩人に見つかり、奇妙な獣と間違えられて城の料理番の下働きとして連れて行かれた。姫は「千匹皮」と呼ばれるようになった。

姫はある日太陽のドレスを着て城の舞踏会へ行った。そこで王に見初められダンスを踊ったが、姫は正体を明かさずに去った。それから王のスープを作ることになり、皿の中に金の指輪を落とした。王はそれを見てスープを作った者を呼んだ。千匹皮は王の質問をはぐらかした。

同様のことが三度続き、王は三度めに気づかれぬよう姫の指にあの金の指輪をはめた。千匹皮が呼ばれたとき、その指に金の指輪があったため、舞踏会で王と踊った姫が自分だとバレてしまった。王と姫は結婚し幸せに暮らした。

狐人的読書感想

ふむ。ドロドロというかグリム童話らしいグリム童話ではあるんでしょうね。一応、姫と結婚したのは他国の王様という設定になっていますが、初版では普通に父王とその娘が結婚しているみたいです。

そうすると、はじめに姫が父親から逃げた件が矛盾するみたいですが、これは建前として必要な行為との解釈ができるそうです。すなわち娘も父親のことが大好きだったけれど、世間がそれを許さないということですね。

毛皮をかぶって森に入ることで娘は亡くなったことになり、まったく知らない娘として城へ帰り、父王にそれとなく自分であることをアピールし、周囲に気づかれることなく結婚に至ったという解釈ができます。

(まあ、周囲が気づかないわけがないと言われてしまえばそれまでですが)

近親婚や近親愛というのは、神話などでも見られるモチーフなので、昔は普通にあったのかもしれませんね。最近でもラノベやアニメなどでは妹ものがもてはやされたりしていますしね。

こういったことは宗教的なタブーだったりしますが、遺伝子的にも奇形児や病気に弱い子供が生まれる可能性が高くなってよくないと聞きます。

それを防ぐためか、猿とかでも一緒に暮らしてきた男女はそういう関係にはなりにくいと聞いたこともありますから、やはり本能的に避けられているのかもしれませんね。

(まあ、ねずみとかそうでもない気がしないでもないですが……)

遺伝的な話は人間で試すわけにもいかないので、実際のところは確かめようがないわけですが、動物実験などではじつはそれほど生まれてきた子供に欠損や遺伝子特有の病気なんかは見られなかったりするなんて話もあります。

LGBTとか、性や愛の多様化が叫ばれてある程度認められてきつつある現代ですが、それでもインセストについては認められることはなさそうな感じがしますよね。それだけ忌避感があるというのは確かですね。

それなのに、そういった作品がけっこう人気なのは不思議な感じもするんですよね……、現実と幻想は違うのだという話なのかもしれませんが。

そういう話がおもしろく感じてしまう、今回の狐人的読書感想でした。

読書感想まとめ

ある意味グリム童話的なグリム童話です。

狐人的読書メモ

・王室とかだと家族が一緒に同じ空間で暮らすってことも少なかっただろうし、父と娘が愛し合うってこともあったのかもしれない。

・てか、インセストそのものは日本の法律では違法ではないらしい(結婚はダメだけれど)。

・『千匹皮/グリム童話』の概要

KHM65。原題は『Allerleirauh』。インセスト・タブーが扱われている。

以上、『千匹皮/グリム童話』の狐人的な読書メモと感想でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

(▼こちらもぜひぜひお願いします!▼)
【140字の小説クイズ!元ネタのタイトルな~んだ?】

トップページ

※オリジナル小説は、【狐人小説】へ。
※日々のつれづれは、【狐人日記】へ。
※ネット小説雑学等、【狐人雑学】へ。
※おすすめの小説の、【読書感想】へ。
※4択クイズ回答は、【4択回答】へ。

シェアよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です