影の伝説

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アクション
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :タイトー
  • 発売日 :1986年4月18日

ゲーム概要

  • 主人公の忍者・影を操り、さらわれた霧姫を救出する、横スクロールアクションゲーム。「青葉の章」「紅葉の章」「雪の章」の3つの章からなり、各章は「森」「抜け穴」「城壁」「魔城内」「対決」の5ステージに分かれている。
  • 影の武器は刀と手裏剣の2種類。ライフはなく、一度敵の攻撃を受けるとミスになる。妖坊の炎と煙玉以外は刀を振り回すことで防御できる。

ストーリー

江戸時代の末期、魔界の国より甦りし、魔性の者が一つの軍団を形成し、日本の世をおびやかすようになっていた。
ある日のこと、城主の姫“霧姫”が軍団に攫われてしまった。そこで城主の指名を受けた数々の武芸者達が、軍団の屋敷を目指したが、誰一人として帰城した者はいなかった。

その時、ある若者が“姫”を救出すべく魔城へと走った!
その若者とは……伊賀の里の忍者“影”である。

取扱説明書 <ストーリー> より

れとげ部!での評価

無理げ!

ここが無理げ!

  • 突然出てくる妖坊にやられがち!
    ――火炎が刀で防げないのが厄介。
  • 高い動体視力が必要とされる!
    ――忍者同士の戦いだけあって敵がすばしっこくて、避けるのがムズい。
  • 使いたくなるのに使いづらいジャンプ!
    ――忍者だけに爽快なくらい大きくジャンプできるんだけど、一度跳ぶと方向転換ができず滞空中に敵にやられる。
  • 最初の森ステージが一番ムズい!
    ――敵が多くて一番長い、他のステージは1分かからないくらい短いのにね。
  • あとね、姫さらわれすぎ!
    ――ゲーム開始時にさらわれる姫、城内ステージで救出後にまたすぐさらわれる姫……大事なことだから(?)二度言っとくね、姫さらわれすぎ!

コメント!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    『影の伝説』は音楽とかキャラとかけっこう好き。なんだけど、私には難しすぎる。妖坊恐い。姫さらわれすぎなの、ちょっとウケるよね。

タイトルとURLをコピーしました