未来神話ジャーヴァス

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:RPG
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :タイトー
  • 発売日 :1987年6月30日

ゲーム概要

  • 絶対迷子になる激ムズRPGといえばコレ。未来神話ジャーヴァス。
  • 『ドラクエ』がまだパスワード方式(復活の呪文)だった時代に、いち早くバッテリーバックアップに対応したことで話題に。
  • 文明が滅亡した後の地球に帰還した宇宙飛行士(主人公)、彼が新しい世界の王になるために暴君を退治するってシナリオ。
  • ここに宇宙シューティングが得意だったタイトーならではの「ディストピア的孤独感」があるある、っていうね。
  • しかしながら「RPG制作のノウハウに欠けていた」と言わざるを得ないのが、本作の一般的な評価である。すなわち、クソゲーである!

ストーリー

新地球誕生にまつわる神話のうち、最も有名なものの1つに「ジャーヴァスの神話」がある。この神話の真相を、キミだけにお話ししよう。

昔、地球には高度な機械文明があった。その中心都市には、ニューヨークや東京などがあり、交通手段も発達していた。しかし、人口の増加から地球は手狭になり、人々は新しい居住世界をもとめ、高速宇宙船に乗り込み、未知の空間に飛び出していったのである。その中には宇宙探査船ジャーヴァス号の姿もあった。

このジャーヴァス号が数々の苦難を乗り越え、やっとの思いで地球に戻ったとき、乗組員は1人だけになっていた。彼はなつかしい地球を視界にとらえると光速通信装置のスイッチを入れた。「ケネディ宇宙空港、ケネディ宇宙空港、応答せよ。こちら、探査船ジャーヴァス号。応答せよ…応答せよ…」しかし、応答はなかった。

彼は、探査船をアメリカ大陸(らしきところ)に不時着させ、母なる大地を踏みしめた。だが、何かがおかしい。かっての文明の形跡はどこにもないのだ。住人も違っている。ハンバーガーもない。 そして、あの巨大都市ニューヨークもない!一体地球はどうなってしまったのだ。やがて彼は旅立った、昔の地球を探すため、大変化の原因をさぐるため。そして、自分の生きる道を見いだすために。

彼のその後の行動そのものが、「ジャーヴァスの神話」と呼ばれている。そして、その神話を作るのはキミ。ジャーヴァス号のパイロットこそ、キミにほかならないのだ。

取扱説明書 <未来神話ジャーヴァス ストーリー> より

れとげ部!での評価

無理げ!

ここが無理げ!

  • 重要な設定が最後まで謎のまま……
    ――「なぜ地球が滅亡したか?」などの重要な設定は最後まで明かされないっていうね。村人の話す内容もわかりにくいヒントや無意味な会話ばっかりだったな。説明書の長~いストーリーの作り込みはなんだったのか……。ロールプレイングゲームでこれをやられるとかなりつらいんだよね。
  • 理不尽なアイテム探し!
    ――『ドラクエ』でいうところの「ロトのしるし」探しみたいなアイテム探しを連続でこなさなければならない苦行。
  • 詰む詰む!
    ――低レベルのままダンジョンでセーブしてしまうと詰み状態に陥る。
  • マップも鬼広っ!
    ――滅んだ世界の寒々しさを感じさせるマップチップは、しかしこれが延々と続くとプレイしていてつらくなる。移動速度も遅くてつらくなーる。
  • まあ作業ゲーだよね、これ……
    ――金稼ぎが非常にめんどくさい、名声稼ぎも非常に手間がかかる、戦力集めも大変で、前述のとおりフィールド探索も苦行だし……まあいわゆる作業ゲーだよね、これ。

コメント! レトゲで一言いってみる?

  1. 管理人 ぶちょー より:

    広大なフィールド。文明が失われ荒廃した地球という設定。名声を上げて軍を編成し城を落とすなどのアイデア。現在オープンワールドのゲーム人気が高まっていことを鑑みるに、それらは悪いばかりではなかったように思える。しかし残念な事に開発にはそれを練り込む時間と技術がなかったようだ。

タイトルとURLをコピーしました