ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アクション
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :バンダイ
  • 発売日 :1986年4月17日

ゲーム概要

  • 言わずもがな、漫画・アニメで大人気の『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とした横スクロールアクションゲーム。本作はアニメ版第3期がモチーフとなってる。
  • 鬼太郎を操作して、敵の妖怪を倒していく。特徴的なさまざまなステージがあり、基本的には、
    1.見下ろし型マップ(敵なし)
    2.魔境(アクションステージ、キーアイテム『水晶玉』の入手)
    3.砂かけばばあの家(『水晶玉』に呪文をかけてもらう)
    4.妖怪城(ボス戦)
    ――といった流れの繰り返し。
  • 鬼太郎の武器はおなじみの『毛針』や『ちゃんちゃんこ』など。敵や見方は原作アニメに登場した妖怪など。ファンも納得の原作再現度ではなかろうか。
  • グラフィック、BGMともに良質で、アクションゲームとしての出来も良く、100万本のミリオンセールスを達成していて、『スーパーマリオブラザーズ』に通じる面白さがあると思うんだけど、難易度はやや高い気する。

ストーリー

悪い妖怪たちが人間界を征服し、妖怪の国をつくるために魔境を出現させた。日本は、世界はこのまま妖怪たちに占領されてしまうのだろうか!?
そこに聞こえてくるのが、カランコロンのゲタの音。妖怪退治はまかせろと、正義の味方ゲゲゲの鬼太郎が仲間妖怪とともに妖怪大魔境にのりこんでいった!!
魔境でのすさまじい死闘が始まった。鬼太郎と一反もめんの名コンビが繰り広げる激しい空中戦。妖怪に奪われた人間のたましいの決死の争奪戦。妖術を解くために、つるべ火をひき連れてろうそく合戦。妖怪軍団との死力を尽くした大血戦。行く手を阻む巨大妖怪の罠。妖怪城に潜む強敵妖怪の挑戦。
鬼太郎の前途には、様々な困難が待ち受けている。魔境を制圧し、妖怪城を陥落させて平和な世界を取り戻すために、鬼太郎の果てしない冒険が続くのだ!!

取扱説明書 <ゲームのあらすじ> より

れとげ部!での評価

無理げ!

ここが無理げ!

  • 慣性が働く操作性にはクセがある。慣れるまではよく敵にぶつかっちゃう!
  • とくに、シューティング要素のある『妖空魔境』ステージがムズっ!
  • エンディングがないのはやっぱり寂しいかな……

コメント!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    正直、『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』は「神げ!」評価でもいいかなって思う。ただアクション下手な私には難しさの印象が強く、『無理げ!:☆1』という中途半端感ある評価に……。鬼太郎がやられてるのに、一反もめんが平然と飛び続けてるのは、ちょっとシュールだよね。

タイトルとURLをコピーしました