チェスター・フィールド 暗黒神への挑戦

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アクションRPG
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :ビック東海
  • 発売日 :1987年7月30日

ゲーム概要

  • 本作はマニア人気の高いアクションRPGとして知られてるみたい。
  • ダンジョンを進んでボスを倒して、つぎのダンジョンへ……っていうシンプルなゲーム内容だけど、ダンジョンがかなーり複雑で、心へし折られる。
  • でも、彷徨ってるうちに強くなって、ボス戦のころには楽勝になってるっていうジレンマ。

ストーリー

その昔、ガルドリア大陸の戦乱はガルス卿とその臣下バックヴァイザー率いる義勇軍の手により平定された。

ガルス卿は平定後、この地にガルドレド王国を建設したが、バックヴァイザーは何故か一人息子と共に国外に旅立っていった。

その後20年間平和と繁栄が続いたガルドレド王国だったがある日、国王ガルスI世が何者かの手によって暗殺されてしまう。

王の亡き後、ゲモン将軍が恐怖政治をしいていたが、人々はガルスI世の暗殺に、ゲモンが絡んでいる事を噂していた。

王妃ライザと王女カレンは危険を感じた老騎士ガゼムの手によって、王の旧友バックヴァイザーの住むチェスター・フィールド島へ向かった。

チェスター・フィールド島はガルドレド王国の南西にある島だ。

だが、島に向かう途中3人の乗った船は、ゲモン配下の海賊の襲撃に遭い
王妃ライザは殺され王女カレンは海賊達に連れ去られてしまった。

瀕死の重傷を負いながら、ようやく島に漂着したガゼムを助けたのはバックヴァイザーの一人息子ケインだった。

ガゼムは王国に何が起こったかをケインに伝えると、静かに息をひきとった。

「カレンを助け、ゲモンを倒さなければならない!!」

青年騎士ケインは、王女カレンを助け、ゲモンを倒し、そしてゲモンを操る者の正体を暴く為一人、チェスター・フィールド島を後にした。

れとげ部!での評価

無理げ!

ここが無理げ!

  • ダンジョンが難解過ぎてボスに出会えなーい!
    ――ボスは必ず最下層にいる。しかしマップが無限ループしているため、ちゃんと道を覚えないと進めない。
  • 脱出するのも一苦労!
    ――ボスと戦ったあとも自力で脱出しなきゃっていうね。望リレミトっていうね。

コメント! レトゲで一言いってみる?

  1. 管理人 ぶちょー より:

    心へし折られる難解さ。

タイトルとURLをコピーしました