時空の旅人

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アドベンチャー
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :ケムコ
  • 発売日 :1986年12月26日

ゲーム概要

  • 1986年、東宝配給により公開されたアニメ映画『時空の旅人』のゲーム化作品。「じくうのたびびと」じゃなくて「ときのたびびと」と読むそうな。
  • (「うちゅう」じゃなくて「そら」みたいな感じ?)
  • 東宝とケムコのタッグはのちに『ホワイトライオン伝説』へと受け継がれていくのだが……「『時空の旅人』のこの内容と完成度でよく2度目があったな」という評価が世間の一般的な(?)感じらしい。3度目がなかったのはお察し。
  • つまるところ本作はクソゲーである!
  • 主人公のクタジマ・トシトは核戦争の起きる未来を変えるため、タイムマシンに乗り込み過去へとタイムスリップする。行く先々で「はい」「いいえ」の2択を迫られ、間違った選択をすると即死する。
  • (常に生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされる悲惨な主人公……なんか『リゼロ』のスバルきゅんを彷彿とさせられる主人公だと思うのは、私だけ?)
  • 「はい」「いいえ」の選択だけで進行するゲームシステムは一言でいって単調。でも、「ゲームオーバーしてもテンポよく進むゲーム展開や良し!」とも言い替えられそう。
  • (でもでも、おんなしセリフ回し多いしー、味気無さ目立つしー、……自分で言っておいてなんだけど、言い替えられそうかな?)
  • 織田信長の登場する本能寺に始まって、いろんな時代をタイムトラベルする楽しさはあると思われ。
  • (このあたりは惜しいと言えなくもないのではなかろうか?)
  • 選択ミスで死にまくり。ストレス蓄積ループゲー。とはいえ、アドベンチャーゲームだけに解法さえわかっていれば、ラストまでたどり着くのは容易だし。
  • (その点、ネットで攻略情報が見られる現代に感謝を)
  • ゲームとアニメ映画を見比べてみて、その内容の違いに愕然とする。そして本作のクソゲー度をさらに実感する。そんな楽しみ方もこのゲームの真骨頂であるかもしれないしないかもしれないね。

ストーリー

星暦392年、ネオ・トウキョウ政府の時空管理局員クタジマ・トシトは、過去への逃亡者を追ってタイムマシンで戦国時代に入った。
彼の時代は、人類が核戦争というあやまちを犯した後であった。
彼は人類の歴史を平和なものに変えようと考え、逃亡者追跡という名目で
過去の時代にワープするのだった。

れとげ部!での評価

無理げ!

ここが無理げ!

  • 偉人の性格の違和感パナイの!
    ――女々しい織田信長、女にだらしない伊藤博文など。偉人のキャラがヒドい! でも、いまや偉人は女体化されたり美形化されたり、こっちの方がよほどヒドいんだけど、ここまでくると別ものとして受け入れられる不思議。原型を留めたまま性格だけ変える方が受け入れがたいっていうね、なんだか新たな発見をした気分になったよ。
  • 偉人キレすぎ! すぐ殺しにくるのマジ勘弁!
    ――正しい選択をしないとすぐ殺される。もちろんゲームオーバー。だいたい「きりころされました」ってなるのはちょと笑う。

コメント! 思いで語って!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    きりころされました。

タイトルとURLをコピーしました