スターフォース

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:シューティング
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :ハドソン
  • 発売日 :1985年6月20日

ゲーム概要

  • 自機「ファイナルスター」を操作し、飛来してくる空中物と地上物を破壊していくシューティングゲーム。テーカンがアーケードでリリース、本作はハドソンによるファミコン移植版。
  • 「第一回全国キャラバン」の公式ソフトにも採用された(「全国キャラバン」はハドソン主催の昔のゲーム大会)。
  • 空中と地上の敵でショットが別々になっている『ゼビウス』とは違い、『スターフォース』では1種のショットで「地・空」両方の敵を破壊できるため爽快感がある。これは当時のゲーマーにも大好評だった。
  • ラリオスを合体前に破壊すると5万点、ジムダ・ステギの片側の列を連続で破壊すると8万点など、多彩なボーナススコアも本作の魅力の一つとなっている。

ストーリー

時空歴2010年。
殺戮と掠奪を繰り返しながら宇宙を進む浮遊大陸があった。
その名は暗黒星ゴーデス。
一人の戦士がスペース・パトローラーに乗り込み、闘いを挑む。
人々はこれを「ファイナルスター」と呼び、最後の望みを託す。
はたして2000年の永きにわたる戦いにピリオドは打たれるのか。
暗黒星ゴーデスの正体とは?

れとげ部!での評価

神げ!

ここが神げ!

  • 爽快感を追求したシンプルなゲーム性!
  • エア連射や16連射など連射ブームの火付け役となったことで有名!
  • スタート時のBGMが耳に残る!
  • 多彩な隠しボーナス! クレオパトラの100万点はとってみたくなる!
  • 意外と深いストーリー!

コメント!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    スターフォースは意外とストーリーが深い。簡単に言うと「ループもの」なんだけど――

    ゴーデスは時間と時空を操る伝説の怪物で封印されていた。しかし何らかのきっかけによりその封印が解かれる。封印から解放されたゴーデスは地球を破壊、暗黒星ゴーデスとなり、時空歴が始まった。そして時空歴2010年、ファイナルスターによってゴーデスは倒される。

    ――っていうのが、本作スターフォースのストーリーなんだけど、続編のスーパースターフォースでは――

    『スターフォース』でゴーデスを倒した主人公は、その謎を探るべく、時空歴元年以前の過去の世界(西暦2137年)にワープ。調査の過程でゴーデスの封印を破壊してしまい、時空歴が発生。永遠のサイクルが完成する。

    ――って感じ。たしかFF1もループものだったよね? 当時ループもの流行ってたのかな?

タイトルとURLをコピーしました