ハイパーオリンピック

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:スポーツ
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :コナミ
  • 発売日 :1985年6月21日

ゲーム概要

  • ゲーム内容は超簡単。ひたすら連打、タイミングよくジャンプ! それだけ。
  • ゲームなのに体力を使う! ダイエットゲームの走り的なレトロゲーム(?)
  • 「オリンピック」とあるが、実際は「ハイパー陸上競技」。
  • 100m競争、走り幅跳び、110mハードル、ヤリ投げを順番にこなしていく。
  • 規定の記録を出せればクリア、出せなければそこでゲームオーバー。
  • 記録は最終的なスコアに換算される。
  • ある条件をクリアするとUFOなどの隠れキャラが登場し、ボーナス点が加算。
  • ファミコンでは専用コントローラー『ハイパーショット』でのみプレイ可能。
  • 同一パッケージにシールが貼ってある『殿様バージョン』あり。
    ――これは1Pキャラがバカ殿に変更、ラウンドセレクト機能が付いている。

れとげ部!での評価

神げ!

ここが神げ!

  • ただ連打するだけなのにアツい!
  • そして、ただの連打なのに「最初は指で連打、からの爪で擦る、そして道具を使う」って感じで、人類の進化の歴史を思わせるような発展が見られる!
  • さらに、道具派にはいろんな個性的なものを使ってる人がいて、当時のプレイ経験者に話を聞いてみると、めっちゃ面白い!
  • <道具派の使ってた道具一例>
    ・厚めのハンカチを指に巻いて。
    ・ライターを使って。
    ・プラスチック定規、まごの手、黄金の右手から繰り出される気合い。
    ・お母さんの化粧水のビンのフタ。
    ・卓球ボール、金属定規、酒蓋。
    ・ガチャのカプセル。

コメント!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    「ただ連打するだけのゲームの何が面白いの?」って思ったんだけど。これ、誰かと一緒にやると意外とハマる。めちゃめちゃ疲れるくらい。ホントにダイエットになってるんじゃないかなって思いたくなるくらい。友達と横並びに土下座の姿勢で「うぉぉぉぉぉ」とか言いながら連打するの、はたから見たら超シュールだよね。きみは、連打派? 擦り派? それとも道具派?

タイトルとURLをコピーしました