ドラえもん ギガゾンビの逆襲

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:RPG
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :エポック社
  • 発売日 :1990年9月14日

ゲーム概要

  • はい出ました「緑ドラ」ね。そう、ファミコンの「ドラえもん」のゲームは、ハドソンさんとエポック社さんの二つのメーカーから発売されていて、それぞれカセットの色にちなんで「白ドラ」「緑ドラ」と区別して呼んでいたんだけど、私の地元だけ? あなたのところはどうだった?
  • 「ドラえもん」といえばキャラゲーの代表格で、現在に至るまで数多くのゲームが出てるよね。キャラゲーは「キャラ人気に頼りすぎる」がゆえに、設定や作り込みが疎かになってクソゲーの代名詞扱いされることもあるけど「ドラえもん」のゲームは割と良作が多く、じつは本作も原作の設定を上手に活かして作られている印象を持つよ。

  • 本作の副題「ギガゾンビの逆襲」とは、大長編シリーズ及び劇場版『ドラえもん のび太の日本誕生』に登場する「精霊王ギガゾンビ」に由来してる。そこに「のび太の海底鬼岩城」など他の作品を大胆にミックス! 全体としては原作の後日譚としてまとめているこの感じ。劇場版「ドラえもん」のクロスオーバー的な。
  • プレイヤーはドラえもんでものび太でもなく、オリジナルの登場人物。これは「ドラえもん」のゲームでは珍しい特徴とされているよ。4編に渡りバラバラになった仲間を探してストーリーを進めていく。開始当初はドラえもんとの二人旅、魔界編をクリアするとのび太が加入。以降は四人目のメンバーがシナリオ進行によって入れ替わる形式ね。

  • 魔界編クリア時点でのび太のレベルが1であるため育てるのが割ときつい。戦闘中に蘇生する手段がない。原作の設定を大切にした「ネズミ系の敵キャラ出現によるドラえもんの麻痺」が地味にきつい。――など、戦闘面での難易度が若干高め。とはいえ「レベルさえ上げればゲームクリアは確実にできる」といった救済策も講じられているため、理不尽さは感じない。
  • これらゲームバランスと原作に対するスタンスによって評価が分かれる作品ではある。だけど、一般的な評価は概ね「良作」。「れとげ部!」では「無理げ!」な要素を認めつつも全体としては「神げ!」に推したい。中正ともどっちつかずとも言われちゃいそうな感じだけど、そう思うんだからしょーがないよね?

ストーリー

あの“ギガゾンビ”が復活した?!

古代日本を支配しようとした未来人ギガゾンビが再び世界征服をたくらんだギガゾンビは、以前にドラえもんたちが平和にした世界に現われ、彼が発明した再生装置を使って恐ろしい独裁者を甦らせ、再び悪の支配下においたんだ。

もちろん、ドラえもんとのび太くんたちは“ギガゾンビ”に闘いを挑んだんだけれども、奴の罠にはまってのび太たちは、時間流のなかに飛ばされてしまった。ただ一人ドラえもんだけが、もとの世界へ戻れたんだ。

必死で時間流の中を泳いできたドラえもんがたどり着いたのは、なんと“ぼく”の部屋の中だった。はなしを聞いたぼくは、ドラえもんと一緒にのび太くんたちを救い出すための、冒険に出かけることにした。そして、みんなでギガゾンビを倒し平和な世界を取りもどすんだ!

みんなの“勇気”と“友情”があれば、きっとなんとかなるさ!!

取扱説明書 <ストーリー> より

れとげ部!での評価

無理げ!
……だけど!
神げ! :

ここが無理げ!

  • ネズミのせいで難易度がえらいことに!?
    ――『ドラえもん』らしくザコ敵に「ネズミ」が出るんだけど、ネズミが出るとドラえもんが麻痺して動けなくなるっていうね。まあ、原作通りだから仕方ないって意見もあるある。エンカウント率もぱないの。一歩歩けば敵に当たることも、ね。まあ、この頃のRPGって大体そんな感じだったかも? あとは、装備が宝箱からしか入手できないとか。取り逃がすとしばらく苦労する感じ。でも、宝箱は分かりやすい場所にあって、あんまり取り逃すこともなかったかも。……あれ? こうして挙げてみると、そんなに「無理げ!」ではない??

ここが神げ!

  • 劇場版の後日譚って!?
    ――もうそれだけでアツくない? いやさバギーちゃんの件とか普通に嬉しくなっちゃうでしょ? ……え、安易すぎる? まあ、そういう意見もあるかも。原作ファンだからこそ「続編作るならちゃんと作ってほしい!」みたいな。でもゲームだから楽しめるパラレルワールド的な! あると思います! ひみつ道具とかも原作の効果を考慮してうまくRPGのアイテムにしてる。イベントにも活かされてる。キャラのグラフィックもよくできていて、全体的に「らしさ」が出てる。うんうん、このゲーム悪くないと私は思ってる。世間的な評価も「良作」となっているよ。

コメント! 思いで語って!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    「最速でエンディングが見られるRPG」っていうよね、くすん…(バッドエンド)

タイトルとURLをコピーしました