タッチ

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アクション
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :東宝
  • 発売日 :1987年3月14日

ゲーム概要

  • ついにきたか、これを書く時が。タッチ。(正式名称『CITY ADVENTURE タッチ MYSTERY OF TRIANGLE』)。あの大人気青春漫画を見事なまでにクソゲー化っていうね。(マジ擁護できないレベル)

  • あだち充さん作、『週刊少年サンデー』黄金期の立役者ともなった青春野球漫画といえば、そう『タッチ』。国民的アニメでもあり、当時大半の日本人が「あの」テーマソングを歌え、涙なしには見られない「あの」セリフを暗唱できたという。文句なしに伝説的作品。
  • そんな人気漫画、人気アニメ――ファミコンゲーム化の流れは至極当然の流れ。しかし、だがしかし! ファミコンゲームの『タッチ』は実にヒドい出来。ってクソゲーマニアの間では現在に至るまで延々と語り継がれてる。
  • ある都市伝説では、原作者・あだち充さんがゲームの出来に激怒、以来二度と自分の作品のゲーム化を許さなくなってしまったとか……(実際にはPCゲーム、他作品とコラボでのゲーム化が行われている)
  • また他のある都市伝説では、プログラマーがわざと卑猥な言葉を最強パスワードとして仕込んだとか……(これも『ドラクエ1』の復活の呪文の都市伝説と同じで、偶然の一致とされている)
  • とにかくいわくの多いゲーム。「不朽の名作がゲームになって暗黒の黒歴史を残してしまった」とまでいわれてる。何がそんなにダメなのか。下記「ここが駄げ!」にまとめます。

ストーリー

ある日、みなみが買物に行こうと南風を出ると、パンチがすごいいきおいで飛びついてきました。パンチはみなみの服のそでをひっぱってはなしません。どうしたのだろうと思ったみなみは、パンチにひっぱられるままに犬小屋の前までやって来ました。

いつもなら10ぴきの子犬たちで大さわぎの犬小屋が、今朝はとても静かです。不思議におもってみなみが犬小屋をのぞくと、いっぴきも子犬たちがいませんでした。みなみがあたりをみまわすと、大きなエサの皿をパンチが悲しそうにのぞきこんでいるのに気がつきました。みなみが、大きなエサの皿の底をのぞいてみると、なんとそこには、ポッカリと大きな穴があいていました。みなみは、この穴に子犬たちがおっこちてしまったのかな?と考えました。それにしても、この穴はいったいどこにつうじているのでしょうか?………………………

そうこうしているうちに、むこうからタッちゃんとカッちゃんがやって来ました。みなみは二人にいままでのいきさつを話しました。すると不思議そうにお皿をながめていたタッちゃんは、いったいこの皿はどうなっているんだろうと、持ちあげようとしました。みなみは、それを見てあわててタッちゃんを止めました。なぜなら、穴がなくなってしまうかもしれないと思ったからでした。

結局三人は、子犬たちはいま食べざかりだから、たぶんこの穴に落ちたエサをおっかけて、この中に飛びこんだのだろうと考えました。三人がどうしようかとそうだんしていると、パンチが悲しそうにこちらを見ています。そのパンチにこたえるように、三人は顔をみあわせると、お皿の大きな穴の中に飛びこみました。

まるく光って見えるお皿の底はあっというまに点になり、そして見えなくなりました。

とそのとき、ドスン!!と三人はしりもちをつきました。いたいおしりをさすりながら、三人が見たのは、自分たちの住んでいるまちでした。

ところがその町では、道のまん中を人形やおもちゃの自動車がうごきまわっているではないですか!

三人は、しばらく目を丸くしていましたが、目の前に子犬がいることに気づいて、あわてておいかけていきました。…………………

はたして、三人はパンチの期待にこたえることが出来るでしょうか?それは、あなたのウデにかかっているのです!

取扱説明書 <ストーリー> より

れとげ部!での評価

駄げ!:

ここが駄げ!

  • 第一に、原作無視がヒドすぎる!
    ――南ちゃんと双子との恋愛が描かれることもなければ、高校野球もほとんど関係ない。何度もどこかでみたことあるようなアクションゲームでしかない。これも都市伝説的な話があって、元々はオリジナルのアクションゲームだったものを、開発段階でキャラクターだけ『タッチ』にすげ替えたっていう説がまことしやかに語られてる。
  • 第二に、アクションゲームとしての完成度が低すぎる!
    ――単調なマップ、多すぎるザコ、無敵時間がないための即死ゲー、意味不明なヒントなどなどなどなど。ダメ要素のオンパレード。一定の条件で敵が無敵になるっていうひどいバグもあって、さらに追い打ちをかけてる。
  • 第三に、南ちゃんがウザすぎる!
    ――双子と一緒に冒険するため『ドラクエ2』みたいな三人旅をするんだけど『タッチ』の王女様は攻撃も魔法も使えなーい。ダメージくらって悲鳴を上げるだけの存在。お邪魔キャラか? 説明書に<みなみについて>ってあるんだけど「みなみは、タッちゃん・カッちゃんのうち、みなみがついていきたいと思う方についていきます」(みなみの動きについて)って……「二股かける嫌な女」にしか見えない……。
  • 最後に、最強パスワード!
    ――「みなみとHしてしまいました」ホントに偶然なのか、ホントに疑いたくなる。作品内容的にこれは絶対アカンやつでしょ。しかもかずやのパスワードだけに入力すると、たつやのパワーが0になりスタートと同時にゲームオーバーって。二股かけられていたことを知ってショック死かって。(笑えないけど笑っちゃう)

コメント! レトゲで一言いってみる?

  1. 管理人 ぶちょー より:

    このゲームでは南ちゃんが嫌な女にしか見えない。
    「いたーい」って。もう家帰って寝ててください。

タイトルとURLをコピーしました