スパイvsスパイ

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アクション
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :ケムコ(コトブキシステム)
  • 発売日 :1986年4月26日

ゲーム概要

  • 情報争奪戦をテーマにした対戦アクションゲーム。
  • プレイヤーは部屋のどこかに隠された5種類のアイテムを探す。
  • アイテムは『カバン』『設計図』『パスポート』『金』『鍵』。
  • これらアイテムを入手して、先に空港から飛行機で脱出した方の勝ち。
  • 罠を使って相手の動きを妨害できる。
  • 相手と同じ部屋で遭遇すると戦闘になる。
  • 戦闘は武器を入手していると有利となる。
  • 分割画面で上方が1プレイヤー、下方が2プレイヤーまたはCOM。
  • 一画面が分割されているということは、相手の動きは丸わかり。
  • しかし相手の行動に集中していると、自分のプレイがおろそかになる。
  • そこに一種独特の戦略性が生まれ、それが意外とおもしろい!

ストーリー

ゲームメーカー・ケムコが派遣した二人のスパイ。
白のスパイ・ヘッケルと黒のスパイ・ジャッケル。

彼らは、巨大企業ジンテンドウのビルに侵入した。
目的は新型ディスクシステムの設計図を奪うこと。

殴り合いと騙し合い。

二人のスパイの壮絶な戦いがいま、はじまる……。

れとげ部!での評価

神げ!

ここが神げ!

  • 見た目これおもしろいの?
    ――ってなるかもだけど、やってみたらおもしろい!
  • 相手の動き見えるから楽勝でしょ?
    ――って思ってた時期が私にもありました。相手の動きを見ながら自分のキャラを操作するってけっこう大変。一見楽勝な感じするんだけど、実際やってみるとこれが意外と難しい。
  • スパイの情報戦・心理戦がシンプルな中に見事に再現されてる!
    ――相手の監視がある前提でアイテムを隠す位置をつぎつぎと変えていく。そのどさくさに罠を仕掛ける。スパイの情報戦、心理戦がシンプルなゲーム性の中に見事に再現されてる。
  • 記憶力も鍛えられそう!
    ――仕掛けた罠は仕掛けた側にも有効に働く。すなわち相手と自分の行動を把握しておかなきゃいけない。この辺はトランプの神経衰弱的な要素もあって記憶力がきたえられるような感じする。
  • アクションゲーム苦手でも勝てるかも?
    ――アクション操作が得意な人よりも、頭のいい人のほうが有利そうなとことか。他の対戦アクションゲームとは一味違ってなかなかいいんだよね。

コメント! 思いで語って!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    スパイvsスパイは対人プレイがアツいんだけど、罠を使ったハメ技とか、相手の普段見られないような意地の悪さとか露呈するかも。リアルファイト発展注意。白熱し過ぎて友情にひびが入るとか、ホント気をつけたい。ゲームは遊び。それで友情を壊しちゃったら後々まで後悔しそう。なんであんなにもゲームで熱くなっちゃうんだろ。レトロゲーム七不思議の一つだよね、これ。

タイトルとURLをコピーしました