スパルタンX

ファミコン

基本情報

  • ジャンル:アクション
  • 機種  :ファミリーコンピュータ
  • 発売元 :任天堂
  • 発売日 :1985年6月21日

ゲーム概要

  • 主人公・トーマスを操作して、敵を倒しながら進む横スクロールアクションゲーム。各階のボスを倒し、シルビアを救出するのが目的。
  • 十字キーでジャンプ、かがみ込み、左右への移動。Aボタンでパンチ、Bボタンでキックと、操作性・内容ともに非常にシンプルながら、パンチのみクリアやノーダメクリア、ハイスコアチャレンジなどやりこみ要素もある。
  • 敵は、近づきすぎるとつかみ掛かられ、振り払わないと体力がガンガン削られる「つかみ男」。下段攻撃しか当たらず、空中回転してきたらジャンプ対応が必要な小さい「トムトム」。ナイフを避けたら2発で撃退「ナイフ男」などなど。
  • 敵を倒すには正しい間合いでキックやパンチを決める必要があり、敵がたくさん出てきたときなどは連打するのではなく、1体ずつタイミングを合わせてボタンを押した方が対応しやすい。上段と下段どちらが当たるか、毒蛾や竜の動きなどを把握するのが攻略のポイント。
  • 本作は1984年に公開されたジャッキー・チェン主演の同名映画が題材。だけど、主人公がトーマス、さらわれた女性がシルビアってとこ以外、内容はまったく違ってる。むしろストーリーは『死亡遊戯』に近いって指摘もある。
  • ちなみに「スパルタン」とは、映画で主人公が乗ってる愛車のハイテクキッチンワゴンのこと。「X」は「未知」を表すアルファベット。
  • 元はアイレムからアーケード向けに発表されたものを、任天堂がファミコンで発売し、こちらのほうが知名度が高い。

ストーリー

監禁されているシルビアを救いに謎の組織“X(エックス)”の館へ侵入する主人公のトーマス。
シルビアのいる最上階へ行く途中、棒術使い・ブーメラン使い・怪力男・蛇・竜(ドラゴン)……次々と現われる武芸の達人や恐しい罠に、何度も行く手を阻まれます。
パンチ・キック・ジャンプ・振り飛ばし等々、カンフーの技を駆使して、手強い敵に立ち向かってください。

取扱説明書より

れとげ部!での評価

神げ!

ここが神げ!

  • 一気に敵を倒すと『無双シリーズ』にも通じる爽快感がある気する!
  • 一対一のボス戦とか現代の対戦格闘ゲームにも通じている気がする!
  • 24回目のクリア後、真のボスとしてシルビアが現れる! ってデマ!
    ――『ファミコンロッキー』という漫画でネタにされたらしい。
  • 「お婆さん強っ!」(4階のボス・妖術使い)
  • 「ワッハッハッハッハッハ!」(耳をすませば今でも聞こえてくるあの笑い声)
  • 「あ、誰か来たよ」(1UPしたときの「ピンポーン」ね)
  • ファミコン後期に再販された改題版はプレミア化している。
    ――版権切れの問題を解消するため、再販時に名称を『KUNG-FU』へ変更。「ファミコン後期のソフトは流通量が少なくなりプレミア化」の流れで、現在『KUNG-FU』は高額ソフトとなっている。箱説なしで2万円前後、箱説ありの美品だと10万円は下らないのだとか。

コメント!

  1. 管理人 ぶちょー より:

    ファミコンの『スパルタンX』のストーリーが『死亡遊戯』になってるのは――
    ・映画に先行してゲームが開発されたため、開発陣が映画の内容を知らず、同系の『死亡遊戯』を参考にした
    ・香港映画は盗作を防ぐためにも、脚本通りきっちり映画を作る習慣がなく、そのため初期の構想とはかけ離れた映画になった
    ――っていう可能性があるんだって。
    『スウィートホーム』『アンタッチャブル』『グーニーズ』――昔は映画のゲーム化が流行ってたのかな?

タイトルとURLをコピーしました