Schoolgirl

文学・評論

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :九段理江
  • 出版社   :文藝春秋
  • 定価      :1500円+税
  • 発売日   :2022年1月17日
  • 単行本   :176ページ
  • ISBN-10:4163915087
  • ISBN-13:978-4163915081

『よむかも』な本のポイント

  • 端的に言って、女生徒が好きだから(確信犯)

『よむかも』な本のレビュー

  • 『Schoolgirl』よむかも。
  • あさ、眼をさますときの気持ちは、面白い――。
  • 『女生徒』からのフレーズもところどころに飛び出す母娘の物語だって。
  • 帯にも、令和版『女生徒』の誕生! って書いてあるよね。
  • 言わずと知れた太宰治の有名作。そのアップデートが本作らしい。
  • 『女生徒』のように多感な14歳の娘とその母親の関係を主軸に進む物語。
  • 母親は有閑マダムである。夫は外資系企業。タワーマンション暮らし。
  • 日常の細々とした予定はAIスピーカーが教えてくれる。
  • 娘はインターナショナルスクール。社会派YouTuberやってます。
  • 母:自分にとって人生最大の幸福は娘
  • 娘:私はお母さんの所有物じゃない
  • 娘は動画の中でもたびたび母親を揶揄してる。
  • 母親にも、母親以外の顔がある。
  • ってこと、子どもはなかなか気づけない。
  • 毒親。親ガチャ。
  • 親にも「親の理想像を外れてはいけない」ってプレッシャーがある。
  • でもね。
  • 女性が子供を産んだからって、自動的に「母」という生き物にはなれない。
  • 一見常識ある母親。かつて付き合いのあったジムトレーナーとあっさり寝。
  • 母:夫のことははじめからそんなに好きじゃない
  • って、思ってる母って割と多いんだろうか、って気になり。
  • 自分と似たような人間が一人増える。
  • 独立した考えを持つ人間との関係が一つ増える。
  • どっちが子どもなの?
  • 娘はある日、母親のクローゼットに忍び込み、本棚を漁った。
  • するとそこにはボロボロになった『女生徒』が。
  • 何でも話せる仲の良い女友だちみたいな。
  • 遠い昔の母親にとって『女生徒』とはそうしたものだったのだ。
  • 母親にも母親以外の顔がかつてあった。娘はそれに気がついた。
  • そして娘もまた『女生徒』に夢中になってしまう。かつての母とおんなじに。
  • 社会派YouTuber。善と悪。大人世代と自分たち世代。
  • 二元論の中に生きていた娘は、現実と物語の織りなす綾に気づき始める。
  • そうしてラストは不思議な味わいがあるんだって。
  • 芥川賞選考委員の評は「今までの母娘の姿の更新された物語」
  • ステレオタイプの母娘じゃない。
  • 女性同士の連帯や世代間交流みたいなものがそこにはある。
  • 時空を超えた三人の女生徒が織りなす快作とのこと。
  • 第126回文學界新人賞受賞作「悪い音楽」もあるよ。
Schoolgirl
第166回芥川賞候補作&第35回三島賞候補作 どうして娘っていうのは、こんなにいつでも、 お母さんのことを考えてばかりいるんだろう。 社会派YouTuberとしての活動に夢中な14歳の娘は、 私のことを「小説に思考を侵されたかわいそうな女」だと思っている。 そんな娘の最新投稿は、なぜか太宰治の「女生徒」について――? ...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました