魂の声をあげる:現代史としてのラップ・フランセ

社会・政治

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :陣野俊史
  • 出版社   :アプレミディ
  • 定価      :2200円+税
  • 発売日   :2022年4月25日
  • 単行本   :366ページ
  • ISBN-10:4910525017
  • ISBN-13:978-4910525013

『よむかも』な本のポイント

  • フランス語ラップと聞くだけでカッコいいの、もはや日本人のsagaだよねー。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『魂の声をあげる:現代史としてのラップ・フランセ』よむかも。
  • 私たちのいまとここが、ラップにはある。
  • 「郊外暴動」が起きた2005年から今日に至るまで。
  • フランスのラッパーたちの音楽と言葉。
  • そして、彼らを触発してきた現代社会のいろんなトピック。
  • 特定のテーマに限らず、著者が個人的に出会ってきた曲をご紹介だって。
  • ゆえに、軽いもの、詩的なもの、政治状況や社会問題――
  • フランス語ラップの多様な姿に触れられる。
  • とくに、警察の暴力によるアダマ・トラオレの死、
  • シャルリ・エブド襲撃、パリ同時多発テロ、フランス版#MeTooなど。
  • 移民出身者・マイノリティにまつわる出来事――
  • それぞれに応答するアーティストたちの個性的な表現だ。
  • 文芸批評家である著者ならではの文学・思想との接続も興味深し。
  • 曲を視聴できるQRコードもあるよ。
魂の声をあげる 現代史としてのラップ・フランセ
世界中で関心が高まっている、「声をあげる」ことの重要さ。 ラップをとおして世界を知ろう。 郊外の貧困、移民、宗教、暴動、テロ、#MeToo… 世界を取り巻く社会問題に対して放たれるラップのリリック(歌詞)は、国境を越えてわたしたちを鼓舞し、今につながる世界の歴史を知ることの大切さを気づかせてくれます。 移民社会フランス...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました