鳴かずのカッコウ

文学・評論

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :手嶋龍一
  • 出版社   :小学館
  • 定価      :1700円+税
  • 発売日   :2021年2月25日
  • 単行本   :304ページ
  • ISBN-10:4093866031
  • ISBN-13:978-4093866033

『よむかも』な本のポイント

  • 著者は外交ジャーナリスト。
  • 実際に起きている国際問題に着想を得ている。
  • そのため、細部の描写が綿密かつリアル。
  • 娯楽性と社会性が理想的に重なり合っている。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『鳴かずのカッコウ』よむかも。
  • 舞台は、公安調査庁。
  • 最小で最弱の諜報機関とも揶揄される、陽の当たらない存在。
  • 主人公の職員・梶壮太もまた、地味な漫画オタクの青年だ。
  • 仕事でさしたる実績もなし。
  • が、ふとしたきっかけで国際諜報戦線に足を踏み入れることに。
  • そこでは北朝鮮やウクライナの組織が入り乱れ、暗躍している。
  • 壮太は、ある特殊能力を持っている。
  • 映像記憶。一度目にした光景をその細部まで記憶する。
  • その能力と持ち前の忍耐力、そして多彩な同僚たち。
  • 壮太は諜報活動を進め、ついに大きな実績をあげる。
  • インテリジェンス(諜報)を描くミステリー小説だって。
  • (ネットのレビュー・感想は、悪くはなさげ。てか、いいかも)
鳴かずのカッコウ | 手嶋 龍一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで手嶋 龍一の鳴かずのカッコウ。アマゾンならポイント還元本が多数。手嶋 龍一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鳴かずのカッコウもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました