戦国日本の軍事革命:鉄炮が一変させた戦場と統治

歴史・地理

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :藤田達生
  • 出版社   :中央公論新社
  • 定価      :840円+税
  • 発売日   :2022年3月22日
  • 新書      :256ページ
  • ISBN-10:4121026888
  • ISBN-13:978-4121026880

『よむかも』な本のポイント

  • なんじゃが!?

『よむかも』な本のレビュー

  • 『戦国日本の軍事革命:鉄炮が一変させた戦場と統治』よむかも。
  • この本は、軍事革命の進行とともに近世国家が成立する道筋をわかりやすく。
  • 長篠の戦いでは、織田信長が大量の鉄砲を活用して武田勝頼軍を撃破した。
  • これにより、その後の戦闘の形は大きく変わっていった。
  • しかして勝敗を分けたのは鉄砲の数だけじゃない。
  • 弾薬数も両軍の間に大差があったのだ。
  • 火器類の輸入や国産化に有利な畿内をしっかり押さえた。
  • これが信長の優位を導いたのである。
  • 信長は検地を進め、石高制を採用。
  • 領地と不可分だった中世的な領主権を否定していく。
  • これにより、大規模な軍事動員が可能に。
  • もって、日々の訓練が不可欠な鉄砲隊の養成も容易となる。
  • 戦国時代の戦場においては抜け駆けなど武士団の勝手な行動も多かった。
  • しかし軍法によりこれを厳禁に。
  • 命令に従った秩序ある作戦行動が実行されるようになる。
戦国日本の軍事革命-鉄炮が一変させた戦場と統治 (中公新書 2688)
鉄炮は一六世紀中頃にいくつかのルートから日本に伝来した。鉄炮鍛冶により瞬く間に国内で大量生産されるようになると、長槍や騎馬隊が中心だった戦場を一変させた。さらに織田信長は検地により兵站システムを整え、鉄炮の大量使用を実現して、天下統一への歩みを加速させた。攻城戦・海戦では大砲も活用されてゆく。火器がもたらした革命的な変...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました