日本的「勤勉」のワナ:まじめに働いてもなぜ報われないのか

ビジネス・経済

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :柴田昌治
  • 出版社   :朝日新聞出版
  • 定価      :790円+税
  • 発売日   :2022年5月13日
  • 新書      :224ページ
  • ISBN-10:4022951737
  • ISBN-13:978-4022951731

『よむかも』な本のポイント

  • 忠誠とまでは言わないけど、帰属意識を強く求められることはあるよね。
  • 派遣なんだけどね?(派遣だから?)

『よむかも』な本のレビュー

  • 『日本的「勤勉」のワナ:まじめに働いてもなぜ報われないのか』よむかも。
  • まじめに働いているのに、なぜ私たちの給料は増えないのか?
  • その一因は、労働に対する付加価値「生産性」が低いことと説く。
  • 生産性が低いのは「日本人が持つ職務に忠実な勤勉さ」による。
  • 日本人は組織人として勤勉なふるまいをする。その由来は武士の信条である。
  • すなわち「主君に対して忠義を尽くす」
  • そんな思考は、現代日本人が会社に対して抱く姿勢にも通じている。
  • 古めかしい価値観? しかし実際にはまだまだそれが現実だったり。
  • この本は、そうした古い規範意識からの抜け出し方。
  • 真に生産性が上がる働き方についてのご提案なんだって。
日本的「勤勉」のワナ まじめに働いてもなぜ報われないのか (朝日新書)
日本的「勤勉」のワナまじめに働いてもなぜ報われないのか(朝日新書)

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました