教養としての「数学I・A」:論理的思考力を最短で手に入れる

教育・受験・参考書

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :永野裕之
  • 出版社   :NHK出版
  • 定価      :930円+税
  • 発売日   :2022年4月11日
  • 新書      :288ページ
  • ISBN-10:4140886749
  • ISBN-13:978-4140886748

『よむかも』な本のポイント

  • 大人の学び直しに。
  • つまり、あの日学ばなかった「データの分析」を僕達はまだ知らない。
  • この単元が数学Iに入ったのは2009年からだからね。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『教養としての「数学I・A」:論理的思考力を最短で手に入れる』よむかも。
  • 今後、人類はAIと共存することになるだろう。
  • AIの言語といえば英語と数学だろう。
  • つまり、数学I・Aだろう。
  • ――てなわけで、はい出ました、この本ね。
  • 著者は東大で宇宙研究後に指揮者になった変わり者なんだって。
  • 今は「自分の頭で考えられる人」を育てるオンライン数学個別指導塾だって。
  • そのノウハウを駆使して書かれた本書――なのかは定かじゃないけど。
  • この本は、数学I・Aの全単元を網羅的にまとめてるって。
  • だから、興味のあるところから読めるってわけ。
  • ただし、「データの分析」は必読だって。
  • なぜなら、AIとの関係で必須。
  • なのに、この単元が数学Iに入ったのは2009年から。
  • つまり、多くの社会人が統計的手法を学べていない事実。
  • 各単元「そもそもなぜそれが重要なのか」からきちんとご説明。
  • 多くの図表が視覚的な理解をも助けてくれるそう。
  • 大人の学び直しにもってこいみたいな感じ。
教養としての「数学I・A」: 論理的思考力を最短で手に入れる (NHK出版新書 674)
論理的思考力を身につけるために最適で万能、さらに人類の共通語ともいえるものが数学だ。 AIや自動運転など技術革新がさまざまな場面に登場する昨今、数学的素養を持つことのニーズが日に日に高まっている。 早稲田大学の政治経済学部が「数学I・数学A」を入試の必須科目にしたことをさきがけに、今後、数学Iと数学A は、文系学生にと...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました