ビッグデータが明かす 医療費のカラクリ

ビジネス・経済

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :油井敬道
  • 出版社   :日本経済新聞出版
  • 定価      :900円+税
  • 発売日   :2022年5月10日
  • 新書      :272ページ
  • ISBN-10:4296113348
  • ISBN-13:978-4296113347

『よむかも』な本のポイント

  • うん、これは自分じゃ気づけない気がして。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『ビッグデータが明かす 医療費のカラクリ』よむかも。
  • 「国民医療費」は、2019年で44.4兆円という。
  • 規制と自由競争が絡み合うシステム。
  • その中で巨額の医療費はいかに形成されるのか。
  • この本が注目するのは、その約1割を占める生活習慣病の医療費である。
  • この費用は、病院によって3~5倍の違いがあるんだって!?
  • 医者が決める処方箋によって毎月通院する人。3カ月に1度通院する人。
  • 両者の治療成績に差がないって、なんで!?
  • そんな医療費のカラクリを膨大な電子カルテの分析から明らかにする。
  • 保険制度を変えることなく、医療の供給と消費に市場原理を導入。
  • もって無駄をなくすことができるんじゃないかっていう話みたいね。
ビッグデータが明かす 医療費のカラクリ (日経プレミアシリーズ)
【内容紹介】 ○私たちが消費者として購入している医療サービスの価格は、どのように形成されているのか、私たちが支払っている医療費に見合うだけの受益を得られているのか? 本書は生活習慣病患者の膨大なカルテデータを統計解析した研究をもとに、医療費の実態を一般読者向けにまとめるもの。 ○高血圧、糖尿病、脂質異常症は、以前は三大...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました