ゲノムに聞け:最先端のウイルスとワクチンの科学

科学・テクノロジー

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :中村祐輔
  • 出版社   :文藝春秋
  • 定価      :980円+税
  • 発売日   :2022年3月18日
  • 新書      :256ページ
  • ISBN-10:4166613553
  • ISBN-13:978-4166613557

『よむかも』な本のポイント

  • ゲノムに聞いたところイケてるとイケてないの差は0.1%。
  • そこに希望を見るか絶望を見るかはアナタ次第。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『ゲノムに聞け:最先端のウイルスとワクチンの科学』よむかも。
  • 自分と他人のゲノムの99.9%は一致していて0.1%の違いが個性。
  • コロナのどんな変異株にも効く万能型ワクチン開発の可能性。
  • まあ、そういった興味深い話に満ちているのがこの本ですって話。
  • そもゲノムとは、生物やウイルスのすべての遺伝情報――設計図のこと。
  • その一部を調べることで、病気の原因を突き止め、治療法につなげたり。
  • 著者の人はゲノム研究の第一人者として知られているんだって。
  • 刑事ドラマなどでおなじみのDNA鑑定の基礎を確立した人なんだって。
  • そんな著者がお送りするゲノム研究の最前線。
  • ウイルス感染の仕組み。防衛する免疫システム。ワクチンの原理。
  • 新型コロナウイルス感染症をも、ゲノムの視点から解き明かす。
ゲノムに聞け 最先端のウイルスとワクチンの科学 (文春新書 1355)
いまだ世界的な感染収束が見通せない新型コロナウイルス感染症。変異を繰り返して感染力を増すウイルスと戦うためには何が必要なのか。生物やウイルスの設計図である「ゲノム」の視点から、ウイルスとワクチンに関する最先端の知見をわかりやすく解説する。 (目次) 第1章 すべてはゲノムが教えてくれる 第2章 新型コロナウイルスのすべ...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました