こばなしのたね【亀田の柿の種】のまとめ、ただおいしいだけじゃなくておもしろい!

気になるモノ
この記事は約14分で読めます。

おいしい! 亀田の柿の種。そして、おもしろい! こばなしのたね

小袋の裏に書かれているちょっとした豆知識なんだけど、これが本当におもしろい。「へぇ~」「そうなんだ~」ってなる。まとめて記録しておくよ

  1. こばなしのたね【亀田の柿の種】のまとめ
    1. その1 O.K.は間違いから生まれた!?
    2. その2 柿は英語でも「KAKI」
    3. その3 なぜ胡麻(ごま)をすると表現するの?
    4. その4 銀座の元祖は東京にあらず!
    5. その5 キリンは不眠症?
    6. その6 おやつは江戸時代にもあった!
    7. その7 見た目も音も似ているから…
    8. その8 サンデーとパフェの違いとは?
    9. その9 名前は違うけど同じものです
    10. その10 「リーゼントヘア」の由来は通りの名前!
    11. その11 サーロインは貴族?
    12. その12 フラミンゴが片足で立つ理由は冷え性!
    13. その13 ラッコのこだわりは料理人並み!
    14. その14 意外と高い!?パンダの食費
    15. その15 身が赤いのにサケは白身魚
    16. その16 イルカとクジラは同じ仲間!?
    17. その17 三毛猫のオスはとても珍しい!
    18. その18 ペンギンは実は寒がりだった!?
    19. その19 奈良のシカは優秀な庭師集団!?
    20. その20 音を聞く時は前足を澄まして!?
    21. その21 フサフサのヒゲはギッシリの証!
    22. その22 日本人で初めてラーメンを食べたのは?
    23. その23 おいしいものが出てくる蛇口
    24. その24 同じ茶葉なのに違うお茶になる!
    25. その25 赤ちゃんの泣き声の音階は「ラ」!
    26. その26 ママチャリは海外でも大人気!
    27. その27 実は意味があった!信号機の向き
    28. その28 降水確率0%でも雨が降る!?
    29. その29 お日さまの匂いその正体はコレ
    30. その30 1円玉の製造費は1円以上!
    31. その31 地上の電車にあって地下鉄にないものは?
    32. その32 北極と南極、寒いのはどっち?
    33. その33 いつでもカリッと!
    34. その34 猫は舌ではなく鼻で温度を感じる
    35. その35 食味検査員
    36. その36 日本以外でも愛されています!
    37. その37 形へのこだわり
    38. その38 こだわりのピリ辛醤油味
    39. その39 爽やかな酸味の人気者!
    40. その40 ピーナッツなしがある!?
    41. その41 WHISKY?WHISKEY?
    42. その42 宇宙にも匂いがある
    43. その43 トランプと暦の不思議な関係
    44. その44 「ハンバーグ」の語源
    45. その45 美味しさそのままの秘密は?
    46. その46 塩分30%カット!減塩亀田の柿の種
    47. その47 1個包装あたり食塩相当量-(マイナス)0.13g
    48. その48 「浦島太郎」に出てくる亀はオス?メス?
    49. その49 弘法の筆は何を“誤った”のか?
    50. その50 そんなに甘くはありません!

こばなしのたね【亀田の柿の種】のまとめ

その1 O.K.は間違いから生まれた!?

みんなも日常的に使う「O.K.」という言葉。実は、この言葉アメリカの7代目大統領、アンドリュー・ジャクソンが、許可を出すときに「all correct」を「oll korrect」と書いてしまったのが、普及してしまったそうです。「O.K.」が間違いから生まれているなんて…とっても微妙ですね。

その2 柿は英語でも「KAKI」

日本の果物である柿は、万国共通の言語。そもそも、鉄砲を伝来させたポルトガル人が、柿の美味しさに魅了され、柿の種を持ち帰ったことから、「KAKI」という名前がヨーロッパ全土に広がったそうです。英語の「persimmon」は、アメリカ柿のことで、日本の柿とは別物です。

その3 なぜ胡麻(ごま)をすると表現するの?

上の人に一生懸命へこへこするあの姿は、なぜ胡麻(ごま)をすると言うのでしょうか?あの言葉は、胡麻をすり鉢ですると、あちこちにべたべたくっつく様子を示しているんです。「色んな人にべたべたとくっつく=胡麻をする」ということだったんですね。

その4 銀座の元祖は東京にあらず!

地方都市の繁華街によくある「●●銀座」。もちろん東京の銀座から取られたものですが、実は元祖銀座は東京ではなく、京都に作られたのです。元々銀座とは江戸時代に銀貨が製造されていたところ。1601年、京都の伏見に最初の銀座が作られました。東京の銀座は1612年からなので、京都の方がかなり早かったのです。

その5 キリンは不眠症?

動物園で子どもに大人気のキリン。実は、キリンの1日の睡眠時間は、10分~20分程度だと言われているんです。草食動物の睡眠時間は、肉食動物から身を守るために短くなる傾向にあると言われていますが…。体はとても大きいのに、とってもデリケートな性格だったんですね。

その6 おやつは江戸時代にもあった!

おやつの語源は、江戸時代の中期頃までさかのぼります。当時は、1日2食が普通の習慣。そのため、午後2時から4時までに間食をする人がたくさんいたそうです。この時間を「八つ刻(やつどき)」と呼んでいました。そこから、間食のことを「おやつ」と呼ぶようになったと言われています。

その7 見た目も音も似ているから…

私たちが日常的に使っている「T字路」という言葉、これ本当は「丁字路=ていじろ」が正しい表記だったんです。アルファベットが日常的に使われるようになり、いつしか「T」にとってかわられてしまいました。現在も法律用語などでは「丁」が使われていますが、一般的にはいずれもOKとされています。

その8 サンデーとパフェの違いとは?

人気のデザート「パフェ」。喫茶店などでは、「サンデー」と呼ばれることも多い。この違いは?「サンデー」はアメリカのあるお店でチョコレートをかけたアイスクリームを日曜日限定で販売したところ評判になったという英語が語源。「パフェ」は、完璧なデザートという意味のフランス語のparfait(パルフェ)が語源だそう。

その9 名前は違うけど同じものです

お酒のおつまみでおなじみの「するめ」と「あたりめ」。「するめ」を細かく裂いたものが「あたりめ」だと勘違いしている人も多いのではないでしょうか?実はこのふたつは同じもの。「するめ」はお金を「する」、すなわち「損をする」と似ているため、縁起をかついで「当たり目」と呼ばれることがあるのです。

その10 「リーゼントヘア」の由来は通りの名前!

エルビス・プレスリーやジェームス・ディーンによって世界的に流行した「リーゼントヘア」。あのヘアスタイルは、なぜ「リーゼント」と呼ばれたのでしょうか。その由来は、ロンドン市にある通りの名前。この通りはゆるやかにカーブしていて、その形があの髪型に似ていたからなのだそうです。

その11 サーロインは貴族?

みんなが大好きなサーロインステーキって、イギリスのヘンリー8世が夕食にステーキを出されたときに、「この肉はうますぎる!サーの称号を与える」と言ったことから、サーのロイン(腰肉)、「サーロイン」になったそうです。とっても偉い肉だったんですね!

その12 フラミンゴが片足で立つ理由は冷え性!

片足でキレイに立つ姿が印象的なフラミンゴ。この片足で立つのには、仕方がない理由がありました。実は、フラミンゴの細い足は血の巡りが悪く、冷えやすいのです。人間で言うと「冷え性」。そのため片足で立ち、折り曲げたもう一方の足を羽の中でたたんで温めているのです。よく見ると交互に足を入れ替えてるそうですよ。

その13 ラッコのこだわりは料理人並み!

ラッコといえば石で貝を叩き割って食べるしぐさが有名ですよね。実はラッコは一頭ずつお気に入りの石を持っていて、大切に使い続けるのだそう。食事後、お気に入りの石は脇の下の皮膚がたるんでできた“ポケット”にきちんとしまうんだとか。ひとつの道具を長く大切に使い続けるなんて、料理人もビックリですね。

その14 意外と高い!?パンダの食費

パンダは笹ばかり食べている草食動物というイメージがあるかもしれませんが、それは違います。内臓器官は肉食動物と変わらず、上野動物園では笹やリンゴ、馬肉など15品目のえさを与えていて、1日あたりの食費は約1~2万円にもなります。その中でもっとも高価なのは、大好物の孟宗竹(もうそうちく)なのだそうです。

その15 身が赤いのにサケは白身魚

焼き魚や寿司ネタで人気のサケ。身はどう見ても赤色ですが実は白身魚なんです。これは、プランクトンに含まれる「アスタキサンチン」と言う赤い色素のせい。サケはたまたま筋肉組織に色素を取り込むため、川をさかのぼり動くほど赤色になるんです。ちなみにカニやエビの殻、タイのうろこが赤いのも、同じ色素のせいだそうです。

その16 イルカとクジラは同じ仲間!?

実はイルカもクジラなんです!どちらも、上アゴに歯を持つ「ハクジラ類」の仲間。じゃあどうやってクジラと区別するの?これにはハッキリした決まりはありませんが、約4m以下をイルカ、それ以上の大きさをクジラと呼んでいます。ちなみに小さくてもクジラと呼ぶ種類もあるそうなので、わりとあいまいです。

その17 三毛猫のオスはとても珍しい!

毛色が白・黒・茶色の三毛猫は基本的にメスしか生まれません。理由は、遺伝に影響する染色体の違いによるもの。そのため、三毛猫のオスは染色体異常でしか生まれず、確率は1,000匹~30,000匹に1匹ともいわれるほど希少。また、親が三毛のオスだからといって子には遺伝しないので、ほんとに珍しいんだそうですよ。

その18 ペンギンは実は寒がりだった!?

氷に囲まれた極寒の地でもへっちゃらに見えるペンギン。しかしその昔、ペンギンは温暖な地域で暮らしていたのだとか。餌を獲るため冷たい深海に潜るうち、寒さへの耐性(たいせい)がついたそう。暖かい地域が快適なのはどの動物も同じ。たとえ寒くても天敵が少ない場所は、動きの鈍いペンギンにとっては好都合なのだそうです。

その19 奈良のシカは優秀な庭師集団!?

奈良公園といえばシカ。手入れされた芝生の上をシカが駆け回る姿は癒されますよね。実はこの広大な美しい芝は、シカによって保たれているんです。シカが伸びた芝をどんどん食べるので、芝刈りの必要なし。もし、この手入れを庭師に頼むとすると費用は1年に数億円にも!まさに奈良公園の守り神なんですね。

その20 音を聞く時は前足を澄まして!?

秋の訪れとともに涼しげな声を聞かせてくれるコオロギ。彼らの耳が前足についていること、ご存じでしたか?見かけたら、虫眼鏡でじっくり観察してください。小さな穴が開いているのがわかりますよ。コオロギたちは、羽をすり合わせて出す音を“前足”で聞き、相手のいる位置を知るのだそうです。

その21 フサフサのヒゲはギッシリの証!

トウモロコシの先に生えているヒゲ。これは、「絹糸(けんし)」と呼ぶめしべで、一粒一粒から生えているもの。つまり、ヒゲの本数とトウモロコシの粒の数は必ず一緒なのです。ということは、ヒゲがフサフサとたくさん生えているトウモロコシのほうが、粒ギッシリ!ちなみに、ヒゲもおいしく食べられるそうですよ。

その22 日本人で初めてラーメンを食べたのは?

御三家の一つ、水戸藩の二代目藩主・徳川光圀(みつくに)いわゆる水戸黄門様が初めてのようです。江戸時代となる1697年、自ら麺を作り、家臣に振舞った様子が日記に記されています。他にもギョウザ、チーズ、牛乳、黒豆納豆などを日本で最初に食べたとされているので、好奇心旺盛な人だったようですね。

その23 おいしいものが出てくる蛇口

水以外のおいしいものが蛇口から出てくる、そんなマンガみたいな話が、実はあるんです。全国的にも有名な茶処、京都の宇治では、蛇口からお茶が出てくる小学校があります。毎日ではありませんが、愛媛県の松山空港では、みかんのジュースの出る蛇口があるほか、香川県の高松空港ではうどんだしの出る蛇口が設置されているそうです。(2015年10月現在)

その24 同じ茶葉なのに違うお茶になる!

お茶には緑茶や烏龍茶、紅茶など、いろいろな種類がありますが、実はすべて同じお茶の木。ツバキ科の木の葉っぱなんです。違いは葉の発酵(はっこう)度。発酵させず使うのが緑茶、半発酵が烏龍茶、完全に発酵させるのが紅茶です。ちなみに、茶葉の発酵の進み具合や加工によって、種類はもっと細かく分かれてるそうですよ。

その25 赤ちゃんの泣き声の音階は「ラ」!

赤ちゃんが生まれて初めてすることといえば、泣き声をあげること。その泣き声、実は音程がほぼ決まっているのです。世界共通の赤ちゃんの泣き声、それは「ラ」の音。身体の構造上、だいたいこの音しか出せないんだとか。ちなみにオーケストラのコンサート前に全員が合わせるのもこの「ラ」の音だそうです。

その26 ママチャリは海外でも大人気!

子供を安全に乗せたいというお母さんたちの思いから作り出されたのが日本が誇る自転車・ママチャリ。今や海外でもその頑丈さと使い勝手の良さで評価が高まり、「mamachari」という言葉がそのまま国際語として使われているのです!ロンドンに日本のママチャリ専門店ができるなど人気は広まっています。

その27 実は意味があった!信号機の向き

道路の信号機にはタテ型、ヨコ型があり、雪がよく降る地域ではタテ型が多いです。これは、信号機に積もる雪の範囲を狭くして、雪の重みで壊れることを防ぐため。近年では、薄くて雪が積りにくいヨコ型の信号機も増えているそうですが、タテ型もまだまだ現役。アナタの町の信号機はタテ・ヨコどちらが多いですか?

その28 降水確率0%でも雨が降る!?

降水確率は0%を「ゼロ」ではなく「レイ」パーセントと呼びます。これは、ゼロが「全くなにもない」という意味に対し、レイには「極めて小さい、わずかな」という意味があり、天気予報では降水確率5%未満を0%と表示しているため。もし、降水確率が0%で雨が降っても天気予報がハズレとは言えないようですね。

その29 お日さまの匂いその正体はコレ

お天気のいい日に干した布団を取り込むと、「お日さまの匂い」を感じませんか。その正体は日光に含まれる紫外線が、綿を作るセルロースなどの物質をわずかだけ分解し、アルデヒドや脂肪酸、アルコールなどの物質に変化したもの。どこか幸せな気持ちになるあの匂いのヒミツは、科学的なものだったのですね。

その30 1円玉の製造費は1円以上!

1円硬貨の原材料はアルミニウムですが、材料費だけで1枚約0.7円。製造費用や人件費などが加わり、1円玉を作るのに約1.6~2円の費用がかかります。1円とはいえ、決してムダにはできません。ちなみに紙幣の製造費は千円札が約14.2円、五千円札が約20.2円、1万円札は約21.7円でできるのです!(いずれも2015年現在)。

その31 地上の電車にあって地下鉄にないものは?

地上を走る電車の線路には敷石(しきいし)と呼ばれる石が敷き詰められていますが、地下鉄の線路にはありません。なぜなのでしょう?実は敷石の役割のひとつは、騒音を抑えるため。地上を走る電車は周辺の民家などに配慮(はいりょ)して線路に敷石を敷き詰めますが、地下深くを走る地下鉄はその必要がないのだそうです。

その32 北極と南極、寒いのはどっち?

冬の平均気温は北極がマイナス20℃~30℃ですが、南極はマイナス30℃~50℃。南極のほうが寒いのです。その理由は南極が大陸上にあるのに対し、北極は海の上にあるから。南極では2010年8月に、世界最低気温のマイナス93.2℃が記録されたそうです。

その33 いつでもカリッと!

亀田の柿の種の美味しさは、何といってもその食感。「カリッ」という軽快な音がリズムを奏で、美味しさを引き立てます。その軽い食感を演出するため、亀田製菓では生地を切断するときの厚さに徹底的にこだわっています。焼き上げるとふくらみ、中は空洞に。『いつでもカリッと!』した食感を、是非お楽しみください!

その34 猫は舌ではなく鼻で温度を感じる

熱いものを食べたり飲んだりできない人を「猫舌」と言いますが、実際のところ猫が温度を判別しているのは舌ではなく鼻なんです。鼻から吸い込んだ空気の温度の0.5度の違いも判別できるほど、とても優れた機能が備わっているんですよ。

その35 食味検査員

いつも美味しい亀田の柿の種を皆様に楽しんでいただけるように、亀田製菓では「食味検査員」と呼ばれる人が、毎日柿の種の味をチェックしています。1時間に1回、つくりたての柿の種の味を徹底チェック!厳しい試験に合格した人だけが担当できる「食味検査員」が、亀田の柿の種の品質を支えています。

その36 日本以外でも愛されています!

実は日本だけでなく世界の様々な国で食べられている亀田の柿の種。アメリカ、中国、イギリスなど。味付けには工夫を凝らし、その国のお客様に合った味付けをする事も。たとえば、ピリ辛が好まれるアメリカでは、「Chili味」として、日本の約3倍の辛さの柿の種が大人気なのです!

その37 形へのこだわり

亀田の柿の種の愛らしい三日月型。でも一般的な果物の柿の種は、もうちょっと丸い形をしていますよね。亀田の柿の種のモデルは、新潟県名産の「大河津柿」などの甘柿の柿の種ではないかと言われています。細長い半月型で、ふくらみも亀田の“柿の種”にそっくり!

その38 こだわりのピリ辛醤油味

亀田の柿の種の特徴は、あのやみつきになるピリッと辛みのきいた醤油味。「お父さんの柿の種を一緒に食べられるようになった時、ちょっと大人になった気分がした。」というほんわかしたエピソードもあったそう。家族みんなで食べる亀田の柿の種ピリ辛醤油味は、世代を超えて皆さまに愛されています。

その39 爽やかな酸味の人気者!

今では通年販売となっている「亀田の柿の種梅しそ」。おやつ向けの柿の種として幅広い年代の方にご支持を頂いています。実際に発売前は社内で賛否両論。辛くない柿の種はどうなのか?柿の種に酸味は合うのか?などなど。しかし今では多くの方に「他にはない柿の種」として大好評に!何事もチャレンジが大切ですね。

その40 ピーナッツなしがある!?

「ピーナッツが入っていない柿の種はありますか?」というお問い合わせを多く頂きます。答えは、あります!!!ピーナッツがちょっと苦手な方、また、ご自身でブレンドして食べたい方、などに親しまれている商品です。ピーナッツなしの亀田の柿の種シリーズ、まだの方はぜひお試しくださいね!

その41 WHISKY?WHISKEY?

最近はソーダで割ったハイボールが人気のウィスキーそのウェスキーがのアルファベットの綴には「WHISKY」と「WHISKEY」の2種類があります。前者はスコットランド産の「スコッチ」、後者はアイルランド産のお酒を指しています。ウィスキーのおともには、「亀田の柿の種」をお忘れなく!

その42 宇宙にも匂いがある

空気がない宇宙空間ですが、匂いは存在するそうです。NASAによると「焼けたステーキと金属の匂い」「溶接時に出る煙の匂い」などの宇宙飛行士の証言があります。実際に直接匂いをかぐことは不可能ですが、船外活動をして宇宙ステーションに戻ったときに、宇宙服や機材にそんな匂いが染みついているそうです。

その43 トランプと暦の不思議な関係

トランプの数字はぜんぶで52枚。これは1年が52週からなることを示し、四季を表すのはダイヤ、ハート、クラブ、スペード。札の数字をすべて足すと364となり、そこにジョーカーを加えると365=1年の日数となります。ちなみにジョーカーは2枚含まれており、2枚とも加えると366日となり、うるう年の日数となります。

その44 「ハンバーグ」の語源

大人から子どもまで、みんな大好きな洋食の王様ハンバーグ。正式には「ハンバーグステーキ(Hamburg steak)」といい、ハンバーグの語源はドイツ北部の都市ハンブルグ(Hamburg)を英語読みしたもの。ハンブルグ地方で食べられていた牛ひき肉のステーキが、そう呼ばれるようになったのです。

その45 美味しさそのままの秘密は?

減塩亀田の柿の種は美味しさそのまま!実は減塩で美味しさを保つことはとっても難しいんです。亀田製菓ではオリジナル醤油と減塩醤油、更にいくつかの旨み成分を独自にブレンド。減塩とは思えないしっかりとした塩みと旨みを出すことに成功!自慢の「減塩亀田の柿の種」を是非ご賞味ください。

その46 塩分30%カット!減塩亀田の柿の種

「塩分が気になります・・・」というお客様の声にお応えし、減塩タイプの亀田の柿の種を2016年9月に発売。コクみをUPすることで、美味しさはそのままに塩分を30%カット。是非ご賞味ください。

その47 1個包装あたり食塩相当量-(マイナス)0.13g

亀田の柿の種に減塩タイプがあるのを知ってますか?塩分が気になる方向けに、なんと9年もの歳月をかけて美味しさそのまま「減塩亀田の柿の種」を開発しました。減塩タイプの1個包装あたりの食塩相当量は0.28g。通常タイプから0.13g減りました。

その48 「浦島太郎」に出てくる亀はオス?メス?

正解はメス。ウミガメは、浜辺の卵から孵化したとたん海に向かって走り出し、その生涯を海中で過ごします。ウミガメが唯一浜辺に上がるのは、産卵期。メスは砂浜に穴を掘り、卵を産み落とします。それゆえ、浦島太郎に命を救われたウミガメはメスの可能性が高いといえるのです。

その49 弘法の筆は何を“誤った”のか?

「弘法も筆の誤り」は有名なことわざだが、いったい何の字を間違ったのかは意外と知られていない。弘法大師が平安京の応(應)天門に設置する額に文字を書いた際、応(應)の字の「心」にひとつ点を入れ忘れてしまったそう。設置の際に気づいた弘法大師はすぐさま額に向かって筆を投げて点をひとつ書き加えたのだと言われています。

その50 そんなに甘くはありません!

一度は泊まってみたいスイートルーム。カップルで使用するイメージが強いのか、スイート=「sweet(甘い)」と勘違いしていませんか?実は、スイート=「suite(一続きの・一揃いの)」のことなのです。でも、できれば「sweet」に楽しみたいですよね。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました