絵画の政治学

アート・建築・デザイン

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :リンダ・ノックリン
  • 翻訳      :坂上桂子
  • 出版社   :筑摩書房
  • 定価      :1500円+税
  • 発売日   :2021年12月13日
  • 文庫      :432ページ
  • ISBN-10:4480510907
  • ISBN-13:978-4480510907

『よむかも』な本のポイント

  • 19世紀の名画の政治的な背景を読み解く名著が文庫化され話題に。
  • 西洋絵画のオリエンタリズムだとか、植民地主義だとか、地域差別だとか。
  • 以前から気になっていたんだよねー。
  • ……ほ、ホントだよ?

『よむかも』な本のレビュー

  • 『絵画の政治学』よむかも。
  • この本は、19世紀の名画の政治的な背景を読み解く名著、その文庫化だって。
  • まあね、自分が無自覚に鑑賞していた西洋絵画。
  • そのオリエンタリズムだとか、植民地主義だとか、地域差別だとか。
  • 以前から気になっていたんだよねー。……ほ、ホントだよ?
  • どの章もとても学べる内容になってるって話。
  • 表紙の絵はスーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」って話。
  • この絵については第9章にて綴られていて、唸らされるそう。
  • 一見、休日の湖畔でくつろぐ市民たち。
  • しかしこれ、資本主義社会における人間の非人格化を批判的に描いてる。
  • 反ユートピア的光景、な、なんだって!?
  • 人々が無表情で、なんかちょっと不気味だな。点描画だからかな。
  • なんて、深く考えてこなかった自分にはまさに目からウロコ!
  • ……ほ、ホントだよ?
  • 当時の社会的背景、スーラの人物像、絵の中のモチーフ――
  • どれも丁寧に解説されていて、謎解きのような面白さがあるんだって。
  • そこには一抹の希望も込められているとの指摘に至るまで、う~ん納得です。
  • 他にも、ドレフュス事件で反ユダヤ主義に回ったドガとその作品について。
  • こちらも興味深く読めるみたいな。
  • 絵画好きなら必読の一冊みたいね。
絵画の政治学 (ちくま学芸文庫)
ジェンダー、反ユダヤ主義、地方性……。19世紀絵画を、形式のみならず作品を取り巻く政治的関係から読み解く。美術史のあり方をも問うた名著。 === 美術における政治的なものをどのように考えるべきか。クールベやマネ、ドガ、スーラらの19世紀絵画を、ヨーロッパ/オリエント、純粋芸術/大衆芸術、男性/女性といった、作品を取り巻...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました