僕は失くした恋しか歌えない

文学・評論

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :小佐野彈
  • 出版社   :新潮社
  • 定価      :1750円+税
  • 発売日   :2021年11月30日
  • 単行本   :272ページ
  • ISBN-10:4103543116
  • ISBN-13:978-4103543114

『よむかも』な本のポイント

  • 恋愛ってファンタジー。それでよくね? ダメ? 出生率的に? ダメ?

『よむかも』な本のレビュー

  • 『僕は失くした恋しか歌えない』よむかも。
  • センチメンタルタイトルだよね。読後にわかる深い意味があるらしい。
  • 中学時代から大学時代までの自伝的青春小説。
  • 著者は1983年生まれ。いくつも短歌の賞を受賞した歌人だって。
  • しかも有名企業の経営者一族に生まれた、いわゆる「御曹司」
  • 小学校から大学まで慶応。
  • でも自らセクシュアリティを公にしているオープンゲイである。
  • 歌を詠み始めたのは、性愛の対象が同姓であると気づいた中学生。
  • BLマンガに心ときめき。恋に恋い焦がれ。
  • 『夕ばえの雲のごとくに燃えながら恋に恋せよ! 十五のわれよ』
  • 美術部の先輩に恋していた。夏休みの合宿中に告った。
  • 「そっか。ありがとう。でも、俺は気持ちに応えられない」
  • 女に興味なさそう。ひょっとしてホモなんじゃない?
  • 同級生たちの囁きが耳に。普通の恋をしなければと焦る。
  • 高校時代に二人の友人。帰国子女の女子と一つ下の後輩。
  • 二人には自分の秘密を打ち明ける。
  • 「いいじゃないすか! 俺、全然気にしないっすよ!」
  • そう言ってくれた後輩に告白。
  • 「そんなん、ありえないっしょ。普通にキモいよ」
  • 『しらたまの月をうらめり浅はかな十七歳の胸をうらめり』
  • 彼の青春とは、失恋に次ぐ失恋の連続だった。
  • 早熟な少年は成長し、海外で暮らす道を選んだという。
  • いやさ、恋愛ってもはやファンタジーだよね!(?)
僕は失くした恋しか歌えない
僕は失くした恋しか歌えない

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました