統計学が見つけた野球の真理:最先端のセイバーメトリクスが明らかにしたもの

スポーツ・アウトドア

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :鳥越規央
  • 出版社   :講談社
  • 定価      :1000円+税
  • 発売日   :2022年3月17日
  • 新書      :232ページ
  • ISBN-10:4065274559
  • ISBN-13:978-4065274552

『よむかも』な本のポイント

  • 出塁率と長打率を合わせたOPSとか、そんなん好き。
  • まさに最近のリアル野球は、野球ゲームの様相を呈してきてると思うの。
  • さて、日本の歴代通算OPS1位は誰でしょう?

『よむかも』な本のレビュー

  • 『統計学が見つけた野球の真理』よむかも。
  • そもセイバーメトリクスとはなんぞや? っていうよね。
  • 野球を統計学的に分析、もって選手評価や戦略を考える手法みたいね。
  • それにより、長打力のある強打者を2番に起用する。
  • それから、犠牲バントを減らしてみる。みたいな。
  • この本は、そんなセイバーメトリクスの進化の過程を描く。
  • セイバーメトリクスの基本とは「プレーの価値を測るにはどうするか」
  • 打率よりも出塁率の方が得点との相関は高い。
  • 出塁率と長打率を合わせたOPSが標準的な打者評価指標になる。
  • さて、ここで日本の歴代通算OPS1位は誰でしょうか? 答え、王貞治さん。
  • 貢献度を総合的に評価する指標はWAR。
  • もって、二刀流・大谷翔平選手を投手・打者専業選手と並べて比較できる。
  • するとやっぱり、2021年の大谷選手のWARは大リーグ首位。
  • MVPという結果は妥当だったのである。
  • じつに多くの指標があり、その考案・改良されてきた歴史には驚きだって。
統計学が見つけた野球の真理 最先端のセイバーメトリクスが明らかにしたもの (ブルーバックス)
野球の必勝法とはなにか? 統計学的にその答えを追求し、メジャーリーグの「お荷物」を 常勝軍団に変身させ、一躍その名を知られた「セイバーメトリクス」。その進化はとどまる ところを知らず、野球場で起きているあらゆることを「数字」にするため新しい指標が次々 に考案されている。さらにテクノロジーの発達は、選手やボールの動きの精...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました