ドードーをめぐる堂々めぐり:正保四年に消えた絶滅鳥を追って

科学・テクノロジー

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :川端裕人
  • 出版社   :岩波書店
  • 定価      :2700円+税
  • 発売日   :2021年11月8日
  • 単行本   :254ページ
  • ISBN-10:4000614975
  • ISBN-13:978-4000614979

『よむかも』な本のポイント

  • 空を自由に飛びたいな。
  • 鳥はホントは飛びたくなんかないっていう衝撃を受けた話ね。
  • 鳥は飛べなくても大型化した方が、繁殖には有利なんだって。
  • (いや、この本にそんなこと書いてあるかまではまだわからないんだけど)

『よむかも』な本のレビュー

  • 『ドードーをめぐる堂々めぐり:正保四年に消えた絶滅鳥を追って』よむかも。
  • この本は、絶滅した飛べない鳥ドードーについて。
  • 『ドラえもん』や『不思議の国のアリス』で知ってる人も多いかも。
  • この鳥は江戸時代、長崎の出島経由で日本にも上陸してたんだって。
  • それに衝撃を受けた著者は、事実を明らかにした論文の著者二名に会いに。
  • イギリスへ、オランダへ。
  • さらにドードーの標本等を見るためにヨーロッパを周遊。
  • ついには、この鳥が生息していたモーリシャス島にまで。
  • 日本に来たドードーの行方を辿ってここまでするとはすごー。
  • そして、西洋史と日本史、博物学と生物学――
  • それらの交錯するまさに「ドードーをめぐり」の最中へ巻き込まれていく。
  • その上で、大事な教訓なども示される。
  • すなわち、史料などは明確な目的意識を持って見ないとダメ。
  • でないと、重要な情報を見落としてしまうことがあるんだからね。
  • 絶滅鳥探求ってなんだかおもしろそう。
  • あなたも、まずはこの本で参加してみては如何か。
ドードーをめぐる堂々めぐり――正保四年に消えた絶滅鳥を追って
江戸初期のこと。『不思議の国のアリス』や『ドラえもん』にも登場する絶滅鳥ドードーが日本に来ていた! ? その後の行方を追って四国へ長崎へ。時空を超えチェコやイギリス、オランダ、ついにはモーリシャスの島で這いつくばり生命のワンダーに分け入る! 日本史と西洋史、博物学と生物学の間を行き来する旅に、ご一緒ください。

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました