明暦の大火:「都市改造」という神話

歴史・地理

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :岩本馨
  • 出版社   :吉川弘文館
  • 定価      :1900円+税
  • 発売日   :2021年8月20日
  • 単行本   :296ページ
  • ISBN-10:4642059326
  • ISBN-13:978-4642059329

『よむかも』な本のポイント

  • 歴史的大惨事・明暦の大火の歴史認識に誤りが?
  • なぜ「都市改造」という神話が広まったのかを知りたい一冊。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『明暦の大火:「都市改造」という神話』よむかも。
  • 江戸の街を焼き尽くした明暦の大火はまさに歴史的大惨事。
  • しかし、武家屋敷や寺社の郊外移転、火除地の設置――
  • 幕府は火災を奇貨として都市改造を行ってきた――
  • ……っていうのが、これまでの歴史認識。
  • だけど、この本は「それってホントのことなんだろうか?」
  • 従来の研究が頼ってきた仮名草子『むさしあぶみ』などの正確性を疑問視。
  • 公式の記録や絵図を丹念に当たって真実を探り出そうとする試み。
  • ――逃げ惑う人々の姿や火災前後の屋敷、寺社の個別追跡調査など。
  • それらは学術論文並みに詳細を極めるって話。
  • そして、そこからわかったこと。
  • ――寺社の移転は大火前からすでに始まっていた!?
  • ――武家屋敷の移転は通説ほどではなかった!?
  • ――それは郊外の広い土地を得んとした大名が主導したことだった!?
  • ――火除地は大名への遠慮もあって中途半端に終わった!?
  • つまり幕府はただの調整役に過ぎず、江戸に後藤新平は現れなかったのだ。
  • 「なぜ神話が広まったのか」その謎を知りたい一冊。
明暦の大火: 「都市改造」という神話 (歴史文化ライブラリー 532) | 岩本 馨 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで岩本 馨の明暦の大火: 「都市改造」という神話 (歴史文化ライブラリー 532)。アマゾンならポイント還元本が多数。岩本 馨作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また明暦の大火: 「都市改造」という神話 (歴史文化ライブラリー 532)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました