現代思想入門

人文・思想

『よむかも』な本の基本情報

  • 著者      :千葉雅也
  • 出版社   :講談社
  • 定価      :900円+税
  • 発売日   :2022年3月16日
  • 新書      :248ページ
  • ISBN-10:4065274850
  • ISBN-13:978-4065274859

『よむかも』な本のポイント

  • デリダ、ドゥルーズ、フーコーね。
  • ……え、ええ、わかります。わかりますとも。

『よむかも』な本のレビュー

  • 『現代思想入門』よむかも。
  • 現代思想とは何か? 現代の思想なのか?
  • いやいや、20世紀のある時期にそう呼ばれていた「現代思想」さ。
  • この本は、そんな現代思想への手引書だって。
  • デリダ、ドゥルーズ、フーコー――一時代を席巻したポスト構造主義の思想。
  • それは書き方のスタイルの問題もあり、今では謎の暗号文。
  • でも実際にはいくつかのポイントを押さえるだけで、ハードルは低くなる。
  • そんなポイントを、この本は手取り足取り教えてくれるんだって。
  • コンプライアンスが重視されるばかりの窮屈なこの時代。
  • 逸脱や差異に注目した現代思想を読み直す。
  • それって大変意義がある。
  • この本は現代思想に向けられがちな誤解を正そうとしている。
  • ニーチェからの流れ、21世紀に入ってからの展開などなど目端を利いてる。
  • ブックガイドとしても読める現代思想入門書。
現代思想入門 (講談社現代新書)
人生を変える哲学が、ここにある――。 現代思想の真髄をかつてない仕方で書き尽くした、「入門書」の決定版。 * * * デリダ、ドゥルーズ、フーコー、ラカン、メイヤスー…… 複雑な世界の現実を高解像度で捉え、人生をハックする、「現代思想」のパースペクティブ □物事を二項対立で捉えない □人生のリアリティはグレーゾーンに宿...

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました