官僚と国家:菅義偉「暗黒政権」の正体

社会・政治
  • 『官僚と国家:菅義偉「暗黒政権」の正体』よむかも。
  • 著者:古賀茂明、佐高信 出版社:平凡社
  • 定価:820円+税 発売日:2021年4月19日 新書:192ページ
  • ISBN-10:4582859704 ISBN-13:978-4582859706
  • 「政治家の質が悪くても善導してやる!」そんな気概が官僚にはあった。
  • ……少なくとも昭和までは。
  • 今や権力者に忖度し、白を黒と言って恥じない者ばかり。
  • この本は、……対話集?
  • 歯に衣着せぬ物言いが信条のジャーナリスト × 元改革派経産省官僚
  • 二人の対話から転換点が浮かび上がる。
  • 官邸が幹部公務員の人事を握る内閣人事局の創設は確かに大きい。
  • しかし公務員制度改革に携わった古賀さんによれば「重要なのは運用者」
  • 安部流ルールは触法的行為も逮捕されなきゃオッケー。
  • 「モリカケ」を通じて幹部公務員の倫理は破壊された。
  • 後継の菅さんは「首相になってはいけない裏の人間」(佐高さん)
  • 官邸が、反安部の古賀さんをどうやって「報道ステーション」から外したか。
  • 当事者の証言だけに生々しいね。
  • 今と比べると、昭和の政治家ははるかに質がよかったそうだ。
  • (最近、銀英伝のヨブ・トリューニヒトが安部さんとダブって見える)
  • (読んでたときは「そんなに酷い政治家いんの?」って思ってたけど)
  • (近年の政治家の凄まじさは、まじフィクションレベルだって思うの)
  • (昔からこんなもん? 今の日本が腐敗民主政治の末期なんちゃう?)
官僚と国家: 菅義偉「暗黒政権」の正体 (平凡社新書 970) | 古賀 茂明, 佐高 信 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで古賀 茂明, 佐高 信の官僚と国家: 菅義偉「暗黒政権」の正体 (平凡社新書 970)。アマゾンならポイント還元本が多数。古賀 茂明, 佐高 信作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また官僚と国家: 菅義偉「暗黒政権」の正体 (平凡社新書 970)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメントする?

タイトルとURLをコピーしました