小説読書感想『D坂の殺人事件 江戸川乱歩』超推理! 明智小五郎 鮮烈 デビュー!

シェアよろしくお願いします。

まずはあいさつ(あいさつなのでネタバレはなしで)

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

前回のブログ記事は国木田独歩 さん(⇒小説読書感想『忘れえぬ人々 国木田独歩』凄い小説なので四回読んでほしい!)、今回のブログ記事は江戸川乱歩 さん――というわけでお分かりの方もいらっしゃる(?)かもしれませんが、『文豪ストレイドッグス』つながりです。

江戸川乱歩 さんといえば探偵小説(推理小説)!

ミステリーなのでネタバレはなしでいきたいと思います。

D坂の殺人事件 アニメカバー版<「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー>ところで、 続きを読む 小説読書感想『D坂の殺人事件 江戸川乱歩』超推理! 明智小五郎 鮮烈 デビュー!

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『忘れえぬ人々 国木田独歩』凄い小説なので四回読んでほしい!

シェアよろしくお願いします。

まずはあいさつ(お願いだから、一回読んでほしい!)

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『忘れえぬ人々 国木田独歩』です。

…………。

凄い小説に出会ってしまいました。

おすすめです。本当に読んでほしい。今回言いたいことはそれだけ!

……とはいえ、 続きを読む 小説読書感想『忘れえぬ人々 国木田独歩』凄い小説なので四回読んでほしい!

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『山月記 中島敦』→月下獣←人虎伝→苛虎…手乗りタイガー?

シェアよろしくお願いします。

まずはご挨拶(挨拶は大事!)

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

今回は小説読書感想『山月記 中島敦』です。

狐人的には、いよいよという感じなのですが。『文豪ストレイドッグス』という作品を知って、これまで、登場するキャラクターのモチーフとなっている文豪の作品についてブログ記事を書くたび、中島敦 さんの『山月記』に触れなければと思いつつ、先延ばし先延ばしにしてきました。

李陵・山月記 弟子・名人伝 アニメカバー版<「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー>

何を隠そう(テレビアニメ化するほどの人気作なので全然隠されてはいませんが)中島敦 さんは『文豪ストレイドッグス』の主人公! 『山月記』はその異能力「月下獣」のモチーフとなっている作品!

 

そんな重要(?)な小説について、なぜこれまで書いてこなかった――、 続きを読む 小説読書感想『山月記 中島敦』→月下獣←人虎伝→苛虎…手乗りタイガー?

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『赤い蝋燭 新美南吉』親子で楽しめる童話! それが一番大事!

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

[まとめ買い] みなみけ(ヤングマガジンコミックス)突然ですが、

問.赤い帽子をかぶると涙を流して小さくなるもの、なーんだ? 続きを読む 小説読書感想『赤い蝋燭 新美南吉』親子で楽しめる童話! それが一番大事!

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『ルンペルシュティルツヒェン グリム童話』映画化予定あり!

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『ルンペルシュティルツヒェン グリム童話』です。

『ルンペルシュティルツヒェン』はグリム童話です……てか、「ルンペルシュティルツヒェン」て言いにくいですね。

傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

わざとじゃなく、噛みまみた(西尾維新さんの小説『物語シリーズ』の八九寺真宵ふう)してしまいそう。「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんとどっちが噛みそうな名前ですかねえ……。 続きを読む 小説読書感想『ルンペルシュティルツヒェン グリム童話』映画化予定あり!

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『医者と病人 夢野久作』ブログでさらっと読める医療小説!

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『医者と病人 夢野久作』です。

夢野久作さんの『医者と病人』は1分かからずさらっと読める医療小説!

ふむ、医療小説といえば、

白い巨塔(一~五) 合本版

神様のカルテ (小学館文庫)
エンブリオ 上 (集英社文庫)
新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
 

といったところでしょうか。数え上げればキリがないわけなのですが。

そんなわけで、前回の『森の神』もブログで読める超短編小説でしたが(⇒小説読書感想『森の神 夢野久作』ブログで全文が読める! 森の神ツンデレ説?)、今回の『医者と病人』もなんとこのブログで全文読めちゃいます! 続きを読む 小説読書感想『医者と病人 夢野久作』ブログでさらっと読める医療小説!

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『失敗園 太宰治』萌え擬人化! 可愛い野菜達の愚痴ツイート!

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『失敗園 太宰治』です。

無料の電子書籍・Amazon Kindle版で6ページ、文字数では2600字ほどの短編小説です。とにかく短いので、夏休み・冬休みの読書感想文にもおすすめ! 未読の方は、よろしければぜひご一読ください。

 ※ちなみに『失敗園』のわかりにくい言葉の意味
陋屋ろうおく
……狭くてみすぼらしい家
・仏人ルナアル氏
……20世紀フランスの小説家ジュール・ルナール、代表作『にんじん』

それでは超簡単なあらすじをどうぞ。

奥さんが庭に作った家庭菜園が大失敗! 失敗園! 無秩序に植えられた植物(主に野菜)たちが擬人化! 彼らの愚痴ツイートが止まらない!

簡単過ぎ? はたして内容が伝わっているでしょうか……。

擬人化とは、 続きを読む 小説読書感想『失敗園 太宰治』萌え擬人化! 可愛い野菜達の愚痴ツイート!

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『鼻 芥川龍之介』世界に一つだけの鼻? 内供とウソップの鼻?

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『鼻 芥川龍之介』です。

『鼻』は芥川龍之介さんの代表作。以前にブログ記事(⇒小説読書感想『羅生門 芥川龍之介』テストに出るはエゴ!黒獣は出ない?)にて紹介した『羅生門』同様に、人間の心理にスポットを当てた作品です。

『羅生門』では人間のエゴイズムが主題として取り上げられていましたが、『鼻』ではこうした人間のエゴイズムの他に、 続きを読む 小説読書感想『鼻 芥川龍之介』世界に一つだけの鼻? 内供とウソップの鼻?

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『飴だま 新美南吉』物語作りの構成力が学べる、心温まる童話

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『飴だま 新美南吉』です。

「北の賢治、南の南吉(この言い回しが狐人的にお気に入り)」の新美南吉さんですね。

前回ブログ記事で取り上げた新美南吉さんの作品は『あし』でした(⇒小説読書感想『あし 新美南吉』ブログで読もう!馬の感性に「しびれる」)。

『あし』は大人が感性を刺激されるようなお話でしたが、今回の『飴だま』は、はたして。 続きを読む 小説読書感想『飴だま 新美南吉』物語作りの構成力が学べる、心温まる童話

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『森の神 夢野久作』ブログで全文が読める! 森の神ツンデレ説?

シェアよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は小説読書感想『森の神 夢野久作』です。

夢野久作さんは、多くの筆名をお持ちの作家さんですが、今回の『森の神』は、香倶土三鳥(かぐつちみどり)さんのペンネームで発表された短編小説です。ちなみに、夢野久作さんの本名は、杉山泰道とおっしゃるそう(参考までに)。

ブログで全文が読める! というわけで、では早速、夢野久作さんの『森の神』をどうぞ。 続きを読む 小説読書感想『森の神 夢野久作』ブログで全文が読める! 森の神ツンデレ説?

シェアよろしくお願いします。