過古/梶井基次郎=消してしまいたい過去、消えてしまいたい今の自分。

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

過古-梶井基次郎-イメージ

今回は『過古/梶井基次郎』です。

文字数1600字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約4分。

ランプの灯が消えた家。
暗闇を背負って一家は寂しく歩き出す――。
13年後、過古は旅情となって青年を苛む。

「古過ぎる」ってなんか意味違いません?
ひょっとしてアナグラム?
そこには深い意味が?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 過古/梶井基次郎=消してしまいたい過去、消えてしまいたい今の自分。

シェアよろしくお願いします。

雪後/梶井基次郎=140字の「胸キュン小説」って、どうですかね?

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

雪後-梶井基次郎-イメージ

今回は『雪後/梶井基次郎』です。

梶井基次郎さんの『雪後』は文字数6000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約19分。

地味な研究生活。
東京郊外で送る田舎の新婚生活。

新生活スタートな時期におすすめ?

おひとりさまでも田舎暮らしのスローライフに憧れる?
そんなあなたに『地域おこし協力隊』あります。

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 雪後/梶井基次郎=140字の「胸キュン小説」って、どうですかね?

シェアよろしくお願いします。

ある心の風景/梶井基次郎=破天荒作家のある心の風景、健康と母に感謝!

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

ある心の風景-梶井基次郎-イメージ

今回は『ある心の風景/梶井基次郎』です。

梶井基次郎さんの『ある心の風景』は
文字数8000字ほどの短編小説。
狐人的読書時間は約21分。

風光明媚な京都の町。
美しい観光地でも地元の人には日常の風景。
退廃的な生活を送り、
肺病に苦しんだ破天荒作家の目に映る心の風景とは?
狐人的読書感想は、健康と母に感謝!

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む ある心の風景/梶井基次郎=破天荒作家のある心の風景、健康と母に感謝!

シェアよろしくお願いします。

Kの昇天/梶井基次郎=魂のミステリー、K君と私とあなたは同一人物だ。

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

Kの昇天-梶井基次郎-イメージ

今回は『Kの昇天/梶井基次郎』です。

梶井基次郎 さんの『Kの昇天』は
文字数5800字ほどの短編小説。

「K君はとうとう月世界へ行った」
あなたからの手紙を受けて私は語る。
ドッペルゲンガーと二重人格。
この小説は魂のミステリー。
K君とは。私とは。あなたとは。
いったい何者なのか?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む Kの昇天/梶井基次郎=魂のミステリー、K君と私とあなたは同一人物だ。

シェアよろしくお願いします。

蒼穹/梶井基次郎=ロートスの実を喰らいし者、蒼穹に己が心を見よ

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

蒼穹-梶井基次郎-イメージ

今回は『蒼穹/梶井基次郎』です。

梶井基次郎 さんの『蒼穹』は文字数4800字ほどの短編小説です。蒼穹(青空)を眺めた青年の感じる悲哀、不安、不幸……、青空といえば清々しい印象を受けますが、青年はなぜこうした負の感情を抱いたのでしょうか? 風景を見ることは自分の心を見ること。ロートスの実を喰らいし者、蒼穹に己が心を見よ(?)。読みやすい描写と読みにくい描写について一緒に勉強しませんか?

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 蒼穹/梶井基次郎=ロートスの実を喰らいし者、蒼穹に己が心を見よ

シェアよろしくお願いします。

器楽的幻覚/梶井基次郎=音楽を弾くにも音楽を聴くにも音楽を書くにも才能が要る?

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

器楽的幻覚-梶井基次郎-イメージ

今回は『器楽的幻覚/梶井基次郎』です。

梶井基次郎 さんの『器楽的幻覚』は文字数2500字ほどの短編小説です。難しいことはわかりませんが、音楽を弾くにも音楽を聴くにも音楽を書くにも才能が要る? 器楽的幻覚に覚醒せよ!

未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 器楽的幻覚/梶井基次郎=音楽を弾くにも音楽を聴くにも音楽を書くにも才能が要る?

シェアよろしくお願いします。

闇の絵巻/梶井基次郎=狐人的あらすじをアレンジ! 感想はエヴァのテーマ?(シン・ゴジラじゃなくて……)

シェアよろしくお願いします。

狐人的あいさつ

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。

読書していて、
「ちょっと気になったこと」
ありませんか?

そんな感じの狐人的な読書メモと感想を綴ります。

闇

photo by Photomiqs

今回は『闇の絵巻/梶井基次郎』です。

梶井基次郎 さんの『闇の絵巻』は、文字数4100字ほど。あなたは「闇」が好きですか? 嫌いですか? 未読の方はこの機会にぜひご一読ください。 続きを読む 闇の絵巻/梶井基次郎=狐人的あらすじをアレンジ! 感想はエヴァのテーマ?(シン・ゴジラじゃなくて……)

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『桜の樹の下には 梶井基次郎』桜の美しさ、その影にあるもの

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回の小説読書感想は梶井基次郎さんの『桜の樹の下には』です。

「桜の樹の下には……」

このフレーズどこかで……、という方も多いかと思いますが、都市伝説として知られていますよね。テレビ東京の『やりすぎ都市伝説』という番組で、 続きを読む 小説読書感想『桜の樹の下には 梶井基次郎』桜の美しさ、その影にあるもの

シェアよろしくお願いします。

小説読書感想『檸檬 梶井基次郎』時計じかけの…爆弾じかけのレモン?

シェアよろしくお願いします。

コンにちは。狐人コジン 七十四夏木ナナトシナツキです。
(「『狐人』の由来」と「初めまして」のご挨拶はこちら⇒狐人日記 その1 「皆もすなるブログといふものを…」&「『狐人』の由来」

今回は梶井 基次郎さんの『檸檬』です。

かの高名な文豪・三島 由紀夫さんは、梶井 基次郎さんの『檸檬』を日本最高の短編小説と評価しているみたいです。

そして『檸檬』は高校現代文の定番となっているようですね。

『高校』現代文か……僕には荷が重いかもしれませんが、頑張ってみたいと思います。

まず、『檸檬』という題名から連想されるものって何ですかねえ? 続きを読む 小説読書感想『檸檬 梶井基次郎』時計じかけの…爆弾じかけのレモン?

シェアよろしくお願いします。